経営者やフリーランスにとって、「資金」の問題は避けて通れません。

会社経営の場合は巨額の費用が必要になりますし、フリーランスの場合は収入が不安定になりがちなので、まとまった費用を確保したいと悩む方も多いです。

その悩みを解決する手段が「ファクタリング」ですが、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ファクタリングに関しての記事をお届けします。

流れは下記の通りです。

・ファクタリングが必要な理由
・ファクタリングのメリットとデメリット
・ファクタリングの重要な3つの知識

ファクタリングについて知りたい方は、ぜひご一読ください。

経営者・フリーランスにファクタリングの選択肢が必要な理由

ファクタリングは資金調達のスピードが速く保証人も不要なため、事業を前に進めたいときの強い味方になります。
経営者やフリーランスにとって、「資金」の問題は常につきまといます。特に与信のないベンチャー企業では、審査が厳しい銀行融資は期待できません。

大型の事業案件を進めるために資金が必要な場面でも、融資を待つ時間と結果次第では、無駄な時間になることがあります。
ファクタリングは実績が少ない経営者やフリーランスの場合でも、即日で資金調達可能なサービスです。

ベンチャー企業などだけなく個人事業主、フリーランスもファクタリングを活用できる

企業向けと思われているファクタリングですが、個人事業主やフリーランスでも利用することができます。
実際のところ、ファクタリング会社は個人事業主向けにサービスを提供していないことが多い実情です。

ですが、個人事業主やフリーランス向けにファクタリングサービスを提供している会社も、少しずつ増えています。たとえ事業規模が小さい場合でも、「支払能力」を証明できれば資金調達が可能です。

メリット① 大きな案件や長期案件を受託し、手元資金がないときでも、ファクタリングを活用すれば資金調達ができる

ファクタリングは銀行融資や公的融資が断られた場合でも申請可能なため、資金調達が可能です。
大きな案件や長期案件の場合、まとまった資金が必要になります。
ですが、ベンチャー企業や個人事業主、フリーランスは社会的地位が低い傾向にあり、巨額の資金を受けづらい点があります。

結果として銀行融資を断られたり、公的融資も受けられず、資金調達ができないこともあるのです。

その場合にファクタリングを活用すれば、審査が通りやすいメリットを活かして、資金調達が可能となります。

メリット②銀行融資が受けにくい立場であっても、ファクタリングであれば複雑かつ時間のかかる融資手続きを行う必要がない

銀行融資などと違い、申し込みから資金調達までの流れがスピーディーな点が2つ目のメリットです。

ベンチャー、個人事業主、フリーランスは社会的地位が低く、融資が受けにくいことはお伝えしました。融資は最低でも1週間ほど審査期間が必要で、審査に通らないこともあります。

一方で、ファクタリングで資金調達をする場合、最短即日で資金を得ることが可能です。ファクタリングは借り入れではなく、売掛金の譲渡であるため、審査も早く終わります。

運転免許証など必要な書類はもちろんありますが、融資の申し込みほど複雑な手続きではありません。

メリット③ 取引サイトやカード決済、クライアントの事情などで入金サイクルが遅い場合でも、ファクタリング会社が債権を買い取るため、入金サイクルを早くできる

何かしらの事情でクライアントからの入金が遅い場合でも、ファクタリング会社が入金してくれる点が3つ目のメリットです。

早めに資金が欲しいからファクタリングを利用しているのに、遅くなっては意味がありません。

債権を買い取って売掛金をすぐに現金化できるため、資金の入金サイクルを早くすることができます。

「ファクタリングの利用」におけるデメリット

便利な面も多いファクタリングですが、当然ながらデメリットもあります。

ここではデメリットについてもお伝えして行きます。

デメリット① ファクタリングには手数料がかかり、特に長期受託案件の場合は採算割れしないかを注意する

ファクタリングを利用する際の手数料は約10%〜20%と、少し高めに設定されている点は注意が必要です。特に長期受託案件の場合、手数料によって本来受け取れる利益が減少してしまいます。

本来受け取れる金額から減少してしまうため、急を要さないときは利用するメリットがないと言えます。

デメリット②ファクタリング先の審査があるため、審査によってはファクタリングを受託してもらえない場合がある

ファクタリングは審査が通りやすいとお伝えしましたが、当然通らないケースもあります。ファクタリングサービスを提供している会社も様々ですので、事業者側に信用や実績がない場合はスピードが遅いことがあります。

また、多額な資金調達を申請するときは、1週間ほど時間を必要とすることが多いです。ファクタリング会社も大きい金額になるほどリスクがあるため、慎重になり時間が長くなります。

そのため、売掛先の信用力が低いときや、ファクタリング利用時に提出する書類に不備があるときなどは、審査に通らず資金が得られない可能性もあります。

ベンチャー企業、個人事業、フリーランスにおいて重要な3つのファクタリングの知識

ファクタリングに関するメリットとデメリットをお伝えしましたが、ここでは知っておいてほしい知識についてお伝えします。

ファクタリングは、将来の利益を仮の状態で受け取るサービスである

ファクタリングは、いずれ受け取る利益を先に受けとる、利益を先に借りる、前借りのようなシステムです。
もし一時的に金銭面での不安がある場合は、素晴らしい手段となります。

一方、ファクタリングを利用することで、本来の利益から手数料が引かれることを忘れてはいけません。300万円の利益で手数料が10%だった場合、30万円は手数料で引かれる計算になります。

銀行から融資を受ける場合も金利を支払う必要がありますが、ファクタリングでも同じように金額が引かれてしまいます。

決して安い金額ではありませんので、本当に今すぐ資金が必要なのか確認しましょう。

ファクタリング利用後は、手元の支出を見直し、資金の流れや業務ごとの採算、固定費の見直しを行い、身軽な体制をつくる

ファクタリングを繰り返すと、手数料が引かれる分で受け取る利益は減ります。
ファクタリングは便利なサービスではありますが、手数料が引かれるのは嬉しくないはずです。

そうならないように、資金の流れや業務ごとの採算、固定費の見直しを行いましょう。見直してみると、削れる部分があることもあります。

その見直しを怠ってファクタリングを繰り返すと、本来受け取れる利益がさらに減少します。ファクタリングは計画的に行うようにしましょう。

ファクタリング会社は、ファクタリング以外にもいろいろなサービスを提供しているので、付随サービスも確認しておく

 

ファクタリング会社はファクタリングだけでなく、多様なサービスをおこなっている会社もあります。

一般的には、ファクタリングとコンサル事業を並行して行っている会社です。コンサル業務を通して現状の課題を把握し、そこからファクタリングに繋げることが多いためです。

「ファクタリング」は、仕組みをあらかじめ理解し、最適なファクタリング会社を選べるようになろう

ファクタリングをするときは、早めに資金を調達したい場面が多いです。早めに調達したい心理を逆手に、悪徳なファクタリング会社も現れています。

まずは本当にお金が必要かしっかりと検討し、仕組みを理解することに努めましょう。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。