ファクタリング契約の流れ 必要書類を事前に用意することで即日資金調達も可能

ファクタリング契約には大きく分けて2社間契約と3社間契約の2つがあります。

それぞれでメリットとデメリットがありますが、申込企業のニーズとして最も大きいのが資金化までのスピードです。1円でも高く買い取ってもらうことも前提ですが、資金化まで時間が掛かることで大事な会社が倒産するリスクもあるのです。

ファクタリング契約から資金化までの時間を短縮させられるのは、契約に必要な書類が申込時に全て揃っているかという点です。簡単に言うと、事前に書類を用意していなければ即日資金化は難しいということです。

ここではファクタリング契約から資金化までの流れと、どんな書類を事前に用意するべきなのかということについて解説していきます。

ファクタリング契約の流れ

ファクタリング契約の流れ

ファクタリングは大きく分けて2社間で行なう契約と、3社間で行なう契約がメインです。それぞれで契約から資金化、売掛金の入金方法や手順が異なります。まずは、それぞれのファクタリング契約の流れを解説していきます。

2社間契約の流れ

2社間契約は売掛債権を資金化したい売掛元と、その売掛債権を買い取るファクタリング会社の2社で行なわれるファクタリング契約の方法です。主な流れは以下です。

  1. 売掛元がファクタリング会社に申し込みを行ないます。
  2. ファクタリング会社は売掛先を精査し、売掛債権の回収可能の見込んだ場合取引契約の審査が終了します。
  3. 売掛元は売掛債権をファクタリング会社に売却し、資金を手に入れます。
  4. 売掛先から売掛元に売掛金が入金されたら、売掛元は全額をファクタリング会社へ送金します。

以上の流れが2社間契約の基本です。

3社間契約の流れ

3社間は、売掛元とファクタリング会社に加えて、売掛先も交渉のテーブルにつきます。主な流れは以下です。

  1. ファクタリング申込みを売掛元が行なう。
  2. 売掛先と売掛元で必要な書類を必要とする場合は、売掛先へ必要書類の記入や交渉のテーブルについてもらう必要があります。
  3. 審査に合格したら、売掛元へ資金が入金されます。
  4. 売掛債権の入金日には、債権額を売掛元ではなく、ファクタリング会社に直接支払います。

ここまでが3社間契約の流れです。

事前に用意できる書類とは何か?

事前に用意できる書類とは何か?

ファクタリング契約で事前に用意できる書類とは何でしょうか。基本的に必要書類はファクタリング会社によって異なります。売掛先との契約書や納品書などは、売掛債権の信憑性をチェックするのに欠かせない書類です。それ以外にも登記証明など、複数の書類を求められる場合もあるのです。

ホームページから事前に用意できる書類をチェックする

事前に用意できる書類は、ファクタリング会社のホームページに全て記載されています。記載されていない場合は、電話などでどんな書類が必要か確認してみてもいいでしょう。知らぬは一生の恥、聞かぬは一時の恥です。まずは、どんな書類が必要かをしっかり確認しておきましょう。

取得に時間のかかる書類もある

書類は、自分で記入するものや、すでに会社内で保管されている情報のコピーなどを求められます。手元にある書類だけであれば、特に苦労はしませんが、それ以外の項目に関しては、取得に時間が掛かってしまうこともあるのです。

住民票などは、土日祝日はもちろん、夕方17時以降は取得できません。それ以外にも法務局に行って取得する債権譲渡登記などは、取得まで時間が掛かることが多いため、注意が必要です。

即日資金化OK=書類が全て整っていることが条件?緊急時は?初めての利用の場合は?

即日資金化OK=書類が全て整っていることが条件?緊急時は?初めての利用の場合は?

即日資金化OKとしているファクタリング会社は多いです。売掛債権総額が5,000万円以上のところは、審査に時間もかかりますが、低額の債権であれば、即日資金化がデフォルトになっています。

しかし、即日資金化OKの大前提は、申込に必要な書類がすでに揃っていること。書類無き申込は即日資金化がかなり難しいといえるでしょう。

緊急の場合は書類を後回しにする場合も

緊急で資金が必要になるケースは数多くあります。従業員の急な事故や損害賠償など、社運が掛かった緊急時とは会社経営の中で避けては通れない場合がほとんどです。運転資金に余裕がない会社は、たった1つのエラーで会社全体を傾けさせるダメージを負ってしまうのです。

ファクタリング会社では、そんな緊急時のファクタリングに対応しているところもあります。書類提出は後日にして、まずは債権買取を行ない、会社の危機を助けます。その後、買い取った債権の審査や、必要書類の確認を行ない、通常通り入金日に売掛金がファクタリング会社に入金されるという流れです。

初めての契約で「書類は後から提出」は難しい

注意すべきは、はじめての顧客は緊急資金調達が難しいファクタリング会社もあるという点です。緊急ファクタリングができるのは、それまで取引履歴のある、利用者(売掛元)とファクタリング会社の中で信頼関係が構築されている場合がほとんど。

はじめての顧客が緊急資金化を希望するケースもありますが、ファクタリング会社としては、はじめての顧客に緊急資金化で売掛債権を買い取るということは滅多にありません。リスクが大きすぎるからです。初めての契約申込で即日の資金化が必要なのであれば、必要書類を全て整えた上でファクタリング取引を行なわなければならないということを念頭に置きましょう。

資金化までのスピードは申込みに必要な書類がどこまで整っているかが最重要

資金化までのスピードは申込みに必要な書類がどこまで整っているかが最重要

売掛債権の資金化は、事前に用意できる書類が揃っていることで即日資金化できる可能性が高まります。もちろんファクタリング業者によって、書類が揃っていたとしても即日資金化ができない場合もありますが、最近ではファクタリング業者の数も増え、即日資金化は当たり前のサービスになりつつあることも事実なのです。

利用者側も、即日資金化をスムーズに行なうために、事前に用意できる書類の準備を怠ることなく臨むことが重要です。会社の命運を握っているのは、売掛債権を資金化してくれるファクタリング会社ではありません。たった1つの意識、たった1人の行動が、倒産に向かわせるのか、会社の資金繰りを改善させるのかを決めるのです。

ファクタリングを利用する上で、資金化までの時間や手順、必要書類の準備など、いかに主体的に行動できるかが最も重要なのです。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。