手形割引とファクタリングは何が違う!?不渡りと審査のリスクを回避できるファクタリング

ファクタリングとよく比較されるのが手形割引です。両者にはさまざまな違いがありますが、ファクタリングは不渡りと審査のリスクを回避できる事が利点です。また、それぞれにさまざまなメリットとデメリットがあります。

ファクタリングと手形割引の違いとは何?

ファクタリングと手形割引の違いとは何?

ファクタリングと手形割引には、明確な違いがあります。手形割引は、あくまでも期日までに支払いを行うという証明です。これに対して、ファクタリングは売掛債権を資金化する為の方法です。

手形割引は期日に支払うという証明

商品を納入した場合、必ずしも現金などで決済が行われる訳ではありません。数日後、あるいは数ヶ月後に支払いを行うという証書を渡すケースも多いです。この証書が約束手形です。

ただ、資金繰りの厳しい企業にとって、すぐに売上金が入らないという事は、企業の財務状態が少なからず不利になります。それは運転資金がすぐに確保できないからです。約束手形はある意味、厄介な存在ともいえます。

そういう場合に、約束手形を担保にお金を貸してくれるのが手形割引です。約束手形に記載された金額から、一定額を利息として差し引いてお金を貸してくれるのです。約束手形のお金が入金されたとき、そのお金を返済するという仕組みになっています。

要するに、約束手形を担保としてお金を貸しているのです。この為、手形割引を行う業者は貸金業の扱いになっており、貸金業法をはじめとする、金融関連法律の規制対象になっているという訳です。

ファクタリングは売掛債権を資金化する方法

これに対して、ファクタリングは売掛債権を資金化する方法です。まだ入金していない売掛債権を売却する事で、運転資金を調達するのです。融資では無い為、ファクタリング業者は貸金業者の扱いにはなっていませんし、法律の規制対象でもありません。

売掛債権は大きく分けると、信用取引によって行う売掛金と、上述の約束手形をはじめとする受取手形があります。売掛金は一般的に、受取手形と比較して回収できなくなるリスクが高いとされています。もし回収できなければ、不良債権として処理しなければならなくなるのです。

こうした問題をある程度、解決する為に使用するのが、ファクタリングです。前もって売掛債権を現金化しておけば、未回収のリスクはゼロとなります。また、本来ならばもっと先に入るお金が、多少は割り引かれているとはいえ、早い時期に入ってくれる形にもなります。

ファクタリングは大きく分けると、2社間と3社間の2種類があります。2社間は売掛金の回収を自ら行う形になりますが、売却した事を売掛先に通達する必要がありません。これに対して3社間は売掛金の回収をファクタリング業者が行なう上、売掛先も契約のテーブルにつく為、債権の売却譲渡が相手に知られてしまいます。

売掛先との関係性もありますが、場合によっては資金繰りが厳しいというリスクが原因で、取引規模を縮小されてしまうなどの弊害が起こる可能性もあるのです。2社間と3社間は、自社に取って最大の利益になるように選択する必要があるということですね。

手形割引のメリットとデメリット

手形割引のメリットとデメリット

手形割引のメリットとしては、手数料が安い事が挙げられます。法規制があるので、信頼できる業者、つまりは銀行などの金融機関しか取扱できないのもメリットです。ただ、約束手形が不渡りを出したときでも、お金を返さなくてはならないリスクがある事などが、デメリットといえます。

手形割引のメリット

上述のように、手形割引は法規制を受けています。この為、利息に当たる手数料には上限があります。最高でも15%までしか、手数料を取る事はできません。これが、手数料の安さというメリットにつながっています。

これは、ファクタリングの手数料上限は法規制の対象となっていない為、最高でも30%程度が相場です。ファクタリング業者の中には、30%超の高い手数料を取っているところもあります。また、悪質な業者が問題になっているのも、法規制がない事が背景にあります。

悪質な業者に遭遇しにくいのも、手形割引のメリットといえます。法規制の対象となっている事は、排除できる法的根拠につながるからです。闇金などが業界に参入してくる事は、難しくなっているという訳です。

手形割引のデメリット

逆にデメリットとしては、約束手形が不渡りを起こしたときのリスクが挙げられます。約束手形を担保にしてお金を貸しているという事は、どんな事が起きても返済の義務があるという事です。それは、約束手形が不渡りとなった場合でも同じです。

不渡りになっているという事は、当然の事ながら入るべきお金は入っていません。にもかかわらず、返済だけは行わないといけないのです。これは、返済のお金を自分で用立てしなければならない事を意味しています。

返済を行った結果、資金繰りが厳しくなるのは自明です。こうしたリスクを抱えた状態で経営を行うのは、大きな負担になります。手形割引最大のデメリットだといっても過言ではないのです。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリットとデメリット

手形割引があくまでも融資であるのに対し、ファクタリングは債権の買い取りです。この為、審査が融資と比較して甘いとされている事がメリットです。信用情報に傷がつかない事なども、メリットといえます。

逆にデメリットとしては、ファクタリングが法規制を受けていない為、悪質な業者が入り込む可能性がある事です。中には、闇金業者がファクタリング業者に衣替えしているケースもあります。

ファクタリングのメリット

貸金業の場合、貸し倒れのリスクがありますので、審査はどうしても厳しめになります。手形割引の場合、審査の対象になるのはお金を貸す会社だけではありません。手形を振り出した会社についても、審査の対象となります。

これに対して、ファクタリングは債権を買い取る形になっていますから、貸し倒れのリスクは売掛先と売掛債権に掛かってきます。民間のファクタリング業者は、審査対象を売掛先と売掛債権そのものにしているところも多いです。

審査対象が売掛先や売掛債権になるということは、融資と違って申込企業の財務状況は審査の対象にならないということです。資金力が低い中小企業は、ギリギリ黒字もしく赤字経営であることがほとんど。その為、ファクタリングは中小企業の経営者からのニーズが高いのです。

また、融資を受けても返済遅延をする事で、会社の信用情報には傷がついてしまいます。これに対して、ファクタリングは信用情報に傷をつける事がありません。あくまでも債権の買い取りであって、お金を借りている訳ではないからです。

ファクタリングのデメリット

逆に、法規制がないという事は、悪質な業者が入り込みやすいというデメリットにもつながります。かつて問題になった、闇金業者の取り立てのような行為を取り締まる法的根拠がないからです。実際、闇金業者がファクタリング業界に参入しています。

ファクタリング業者の手数料の相場は、2社間で10~30%、3社間で5~10%です。上述のように、手形割引の場合は法的規制の為、最高でも手数料は15%です。法的規制がない事が、手数料の高さにつながっているという訳です。

また、昼間の執拗な取り立てなどは、貸金業の場合は法律で禁止されています。ファクタリング業者の場合、こうした法規制がないので、闇金業者の衣替え先となりやすいのです。

ファクタリングは緊急時やリスクヘッジに有効

ファクタリングは緊急時やリスクヘッジに有効

ファクタリングは経営資金が厳しいときなどの緊急時に、ローリスクで運転資金を調達できる事がメリットです。手形を振り出した相手側に問題があっても、リスクを背負い込む可能性がありません。リスクヘッジの面でもファクタリングは有効です。

ただ、悪質な業者を選んでしまうと、企業の経営面に悪影響を及ぼします。ファクタリング利用の際には、良質な業者を見極める事が最も重要になってくるのです。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。