山口県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

本州最南端に位置する山口県。昔から萩焼などの陶器製造業が盛んで、観光資源も豊富な県です。近年では行政主導による第一次産業から第三次産業まですべての産業をバランスよく成長させようという動きもあり産業全体が活気付いている地域でもあります。

今回は、山口県の主要産業にスポットをあて、減収傾向にある業種を救うことができる「ファクタリング」について詳しく解説していきます。

山口県の特性

山口県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

山口県の主要産業と地域特性

山口県の産業は、地方によって主要な産業が異なります。瀬戸内海側は、重化学コンビナートを中心にした重化学工業や、高速道路を利用した流通業が盛んです。一方で山陰地方では、農業や漁業の第一次産業や、宿泊業や観光業などのサービス業が主要産業になっています。

近年の山口県の産業の特徴として、行政が積極的に中小企業などへの支援活動や、大企業の誘致活動を行なっている点が挙げられます。産業ごとに補助金などが有り、中小企業の成長を促している他、大企業の工場などを誘致するために、工業に特化している山口県の強みを積極的にアピールしていることでも知られています。

山口県の減収傾向にある産業

山口県の資金繰りが厳しい産業は、建設業と製造業です。特に建設業は2017年の調査で116件の倒産、休廃業が発生したことが明らかにされています。製造業は9件ですが、1件の倒産によって他の業者間の利益の損失にも繋がってしまうため、将来的な縮小が懸念されています。

建設業や製造業の倒産や休廃業の原因は、資金繰りの悪化と、高齢化による後継者不足が主な原因です。資金繰りは、建設業も製造業も同様ですが、海外から仕入れる材料費の高騰(為替の影響含む)や、流通経費の高騰などが原因です。

代表者の高齢化も深刻な問題です。担い手不足は人件費の高騰を生むばかりではなく、将来的な後継者がいなくなり、会社自体が存続できないという事にも繋がります。事実として、山口県内企業の倒産、休廃業をした経営者の内、37.1%が70歳以上という結果も出ています。

後継者不足に繋がる原因として、企業の資金繰りの悪化による人的投資不足が挙げられています。後継者は一朝一夕で育つわけではありません。長い期間をかけて技術を習得するか、設備投資によって生産性を上げなければ、後継者も育ちませんし、企業の成長もありません。

資金繰りの改善は山口県の主要産業に課された大きな命題でもあります。資金繰りの改善で注目されているのが売掛債権を早期資金化する資金調達方法である「ファクタリング」です。

ファクタリングは、融資などと違って必要な時に必要な分だけスピーディーに資金化できるというメリットがあります。

次の項では、ファクタリングのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングとは、「売掛債権を買い取って入金期日前に資金化する金融サービス」のことです。銀行の融資や、行政の助成金とは違い、債権売買契約による資金調達方法のため、将来的な負債が発生しない、申し込んだ即日に資金化できるといったメリットがあります。一般的に2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという2つの方法が行なわれていますが、それぞれにメリットとデメリットがある為、きちんと理解をした上でファクタリングを申し込む必要があります。

2社間ファクタリングのメリットとデメリット

2社間ファクタリングは、売掛元の企業とファクタリング業者の間で行われるファクタリング取引を指します。売掛債権を「モノ」として扱い、ファクタリング業者に「買い取ってもらう」ことで資金化する方法です。

2社間ファクタリングのメリットは、その「早さ」です。申し込んだ当日に審査が行われ、早い業者であれば数時間で企業の口座へ運転資金が入金されます。

もう一つのメリットは、売掛債権譲渡通知を売掛先に通知する義務が無いという点です。(通知する場合もある)2社間ファクタリングでは、売掛債権をファクタリング業者に譲渡した場合、ファクタリング業者側から売掛先へ債権譲渡の事実を通知する必要がありません。その為、売掛債権を第三者に買い取ってもらったことによる信用的な損失は発生しにくいことが挙げられます。

一方でデメリットもあります。3社間ファクタリングに比べて、手数料が高いです。3社間ファクタリングでは売掛債権の5%~15%が手数料の相場となっていますが、2社間ファクタリングでは10%~30%と3社間の手数料の2倍以上になる業者もあります。売掛先から売掛金が入金されないといった可能性がある場合には、さらに手数料が上がってしまう場合もあります。

3社間ファクタリングのメリットとデメリット

3社間ファクタリングのメリットは、2社間ファクタリングに比べ、手数料が安いというメリットがあります。

一方で2社間ファクタリングのメリットが、3社間ではデメリットになるor無くなることを忘れてはいけません。2社間ファクタリングと違って、3社間で取引契約を結ぶことになるため、資金化までのスピードは2社間に比べて時間がかかる場合があります。審査自体は2社間も3社間も同様の時間で行なわれますが、交渉のテーブルにつくまでは、売掛先の都合もあるため、資金化までに時間がかかるケースもあります。

売掛債権譲渡の非通知というメリットもなくなります。相手がいる立場での取引のため、売掛債権譲渡契約を結ぶ必要があります。売掛債権譲渡が売掛先も了承している場合は問題ありませんが、将来的に資金難であることを理由に、仕事の受注が減ってしまったり、仕事の金額が減ってしまったりというネガティブな将来を生む場合もあります。

どちらも、メリットとデメリットがあり、金額や取引先の企業との信頼関係などを考慮した上で、ファクタリング方法を決めるべきでしょう。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者はどのように選べばいいのでしょうか?ここでは、ファクタリング業者の選ぶポイントについて解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

山口県内に本社を置くファクタリング業者はほとんどありません。ファクタリング業者のほとんどが東京や大阪、福岡などの大都市圏に本社を構えています。大事なお金を扱うサービスのため、なるべくであれば、お互い顔を合わせて内容を詰めたいと思うのも当たり前です。

ファクタリング業者は、企業側のニーズに応えてくれる業者が多いです。出張面談やなど柔軟な対応をしてくれる業者を選ぶことをおすすめします。

業者選びで重要なのは?

最近ではファクタリング取引の一連の流れを、ネットで全て完結できるファクタリング業者も増えてきました。申し込む側とすれば、最終的に売掛債権を資金化させることがゴールです。ファクタリング業者との関係性を築くことも大事ですが、審査の合否や手数料の%には、業者との関係性はあまり影響しません(初回のみ)。

ファクタリング業者を選ぶ際のポイントは、「手数料」、「自分の業種に強い(経験がある)」という点です。審査に関しては、申し込んだ企業ではなく、売掛先の企業が審査対象になるため、融資と違って「審査に通りやすい」というポイントはあまり重要ではありません。

資金化できるか否かという点を中心に手数料やファクタリング経験(実績)を見比べてファクタリング業者を選ぶことをおすすめします。

まとめ

山口県の主要産業に最適なファクタリングについて解説してきました。建設業や製造業のファクタリング取引は多くのファクタリング業者が経験しています。それだけ他県の建設業、製造業でも注目されている資金調達方法ということになります。

将来的に自分の首を絞めてしまう銀行融資を検討する前に、まずはファクタリング取引を検討してみてはいかがでしょうか?

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。