山形県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

山形には建設業者や派遣会社、製造業など、いろんな業種の企業が集まっています。そんな企業のみなさんも会社を円滑に進めるためにさまざまな努力をされていると思います。ここでは、山形の中小企業におすすめのファクタリングについて紹介します。

まず、「ファクタリング」とはどういった資金調達なのか簡単に説明します。ファクタリングとは、クライアントから支払い待ちに売掛金を支払い期日よりも先にファクタリング会社に買い取ってもらい、資金化するといった効率的な資金調達の新しい方法です。

ファクタリング契約の基本的な流れ

ファクタリングについて簡単に説明したところで、ファクタリング契約の基本的な流れを簡単に説明します。いざ、ファクタリング契約の申し込みを行う際にスムーズに進めることができるので、しっかりと把握しておきましょう。

申し込み

まずは、来店や電話、メールにて申し込みを行います。ほとんどのファクタリング会社がホームページのファーマットから、申し込みをすることができるので、自分の企業に合ったファクタリング会社を探して、申し込みや相談をしてみましょう。

仮審査

次に、申し込みの際にファクタリング会社に話した内容にて、簡単な仮審査が行われます。売掛金や基本的な料率に問題がなければ、手続きに進んでいきます。

書類提出

次に、ファクタリング会社から指定された必要書類の提出を行います。基本的に必要な書類は一緒ですが、ファクタリング会社によって多少違いますので、申し込みの際に事前に確認しておくとスムーズに契約を進めることができます。

本審査

最後に、必要書類や申し込みの際の質問事項を元にファクタリング会社によって本審査が行われます。この本審査によって、最終的な手数料の料率と買取金額、支払い日などが決まります。仮審査や書類提出の時点で提示されていた条件と相違があった場合は、必ず確認をとるようにしましょう。

必要書類とは?

続いて、先ほど説明したファクタリング契約に必要な書類について詳しく見ていきましょう。基本的に必要な書類は一緒なので、事前に用意しておくと早い段階で提出もできるので把握しておくと便利です。

身分証明書

企業の責任者やファクタリングを行う上での、責任者の身分証明書が必要になります。どんな契約にも信用関係が必要なので、身分証明書を提出することはマナーでもあります。

売掛金や支払いの入出金を行う通帳

契約後、ファクタリング会社から買取金額の入金や売掛金が支払われた際のファクタリング会社への支払いに使用する通帳が必要になってきます。入金と支払いはどちらも同じ通帳で行うと、ファクタリング会社も企業も確認しやすくなります。

売掛金の契約書

契約の際には、クライアントと結んだ売掛金の契約書の提出が必要になります。売掛金の契約書があれば、売掛金の詳細を確認できるので事前に用意しておきましょう。

売掛金の請求書

同じく契約の際には、クライアントに渡した売掛金の請求書の提出が必要になります。売掛金の請求書は、売掛金の支払い期日などが確認できるので、ファクタリング会社も請求書を見て支払い見込みや手数料の料率の参考にすることができるので、事前に用意しておきましょう。

山形の企業でも気軽にファクタリングを利用できる?

続いて、山形での中小企業でも気軽にファクタリングが利用できるのか話していきたいと思います。ファクタリング会社は基本的に東京を拠点としている会社が多く、山形の企業には利用しにくいと思われている方も多いと思います。負債の増えない資金調達の方法を求めている企業の要望の一方で、銀行の融資以外にはなかなか方法が見つからないのが現状です。

しかし、ファクタリング会社の多くは契約をオンラインで完結できるところや忙しくて時間がない企業、遠距離のために会社へ来店できない企業のために出張相談や出張買取サービスを行っているファクタリング会社もあるので、そういったサービスを有効活用して上手に資金調達しましょう。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。