鳥取県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

鳥取砂丘で有名な鳥取県は、全国でも最も人口が少ない県として知られています。県内総生産も47都道府県の中では最も少なく、平成20年の統計調査では1兆9927億円となっています。鳥取県の目下の問題は、資金繰りの悪化や後継者不足による倒産や休廃業です。元々事業所数が少ないため倒産や休廃業は県経済に大きな打撃を与えます。

近年注目されている資金調達方法「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を早期資金化することが出来る金融工学の一つです。今回は、鳥取県の主要産業を助けるファクタリングについて解説していきます。

鳥取県の特性

鳥取県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

鳥取県の主要産業と地域特性

鳥取県の主要産業は第三次産業です。事業所数は徐々に減少傾向ではありますが、従業者数は年々増加しており、郊外の大型店の消費量が多くなっています。また第一次産業の割合も他県に比べて高いのが特徴です。林業や農業、漁業などが盛んで、鳥取県産のスギ、二十世紀なし、スイカ、らっきょう、松葉ガニなどが有名です。

工業などの第二次産業は、電子部品製造業の割合が高く、次いで食料品製造業となっています。

鳥取県の減収傾向にある産業

鳥取県の減収傾向にある産業は、サービス業が挙げられます。建設業は日本全国で減収傾向にありますが、鳥取県の主要産業であるサービス業の衰退は、県経済の衰退にも繋がるとして懸念されています。

サービス業の資金繰りの悪化で最も影響を受けるのは、医療福祉業や人材派遣業が挙げられます。特に医療福祉業は、資金繰りの悪化がそのまま利用者に影響を与える業種です。そんな医療福祉業を助けてくれるのが、ファクタリングです。

ファクタリングは売掛債権を早期資金化する金融工学で、資金化を申し込む企業ではなく、売掛先の企業が審査されて資金化が決まるという特徴があります。赤字決算などで銀行融資が断られたとしても、売掛先の企業に問題が無ければ資金化が可能です。医療福祉業の売掛先はほとんどが「国」です。ほぼ確実に資金化できるため、資金繰りの改善には最適な業種だと言えます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権をモノとして第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金化する金融工学の事です。銀行の融資などと違って、将来的な負債にならないというメリットがあります。ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。それぞれにメリットとデメリットが存在するため、しっかりとファクタリング取引の知識を付けた上でファクタリング契約を検討するべきでしょう。

次の項では2社間と3社間それぞれの特徴と、メリットデメリットについて解説していきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、売掛債権の資金化を申し込む売掛元企業と、売掛債権を買い取って資金化してくれるファクタリング業者の2社間で行なわれるファクタリング取引です。2社間ファクタリングの特徴は、

  • 法人のみ利用可能
  • 売掛債権譲渡禁止条項が無い売掛債権の場合は売掛先への譲渡通知が不要

といった特徴があります。売掛先からの入金額を全額そのままファクタリング業者に入金することになるため、債権譲渡禁止条項が無い売掛債権の場合には、売掛先への譲渡通知が不要というのが最大の特徴です。

また法律で決められている「売掛債権譲渡契約」は法人同士のやり取りしかできないため、個人事業主の利用は出来ないことになっています。

2社間ファクタリングのメリットは、

  • 申し込みから資金化までのスピードが早い
  • 資金難であるという事実を売掛先に知られる可能性が低い

といった事が挙げられます。逆にデメリットとしては、

  • ファクタリング手数料が3社間ファクタリングに比べて割高

という事が挙げられます。ファクタリング取引は法的な整備があまり行なわれておらず、銀行融資のように最低利息、最高利息が決められていません。その為、業者によって手数料の相場が異なります。基本的には2社間の方が、3社間よりも手数料の割合が高いというのはどこの業者でも共通していることです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元(申し込む企業)、売掛先、ファクタリング業者の3社間で結ばれるファクタリング契約の事です。2社間では、売掛債権の入金後に、売掛元からファクタリング業者へ全額入金されていましたが、3社間では、売掛先から直接ファクタリング業者へ売上金を入金することになります。

3社間ファクタリングの特徴は、

  • 申し込む企業(売掛元)が個人事業主であっても利用できる
  • 売掛債権譲渡登記が必要な場合もある

という点です。売掛債権譲渡登記を求められる場合は、基本的に売掛債権額が高額な場合です。高額な売掛程、売掛先の貸し倒れ(倒産など)対策として求められるケースがあります。

3社間ファクタリングのメリットは、

  • 2社間に比べて手数料が安い

という事が挙げられます。2社間ファクタリングの相場は売掛債権額の10%~30%なのに対し、3社間の相場は2社間の半分である5%~15%となっています。逆にデメリットは、

  • 資金化までのスピードが2社間に比べて長くなる場合がある
  • 資金難であるという事実が売掛先に知れ渡ってしまう

この二つが挙げられます。スピードに関しては、審査の時間というよりも、交渉のテーブルに3社が付くまでの時間を指します。売掛先の都合を調整するのに時間を要する場合があります。

2社間と違って大きなデメリットになるのが資金難であるという事実が売掛先に知られてしまうことです。売掛先の対応によっては、将来的に仕事の単価を下げられたり、取引自体が縮小されたりすることにも繋がってしまいます。

それぞれのメリットとデメリットを理解した上でファクタリングを検討するようにしましょう。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者は何を基準に選ぶべきなのでしょうか?ここではファクタリング業者を選ぶ基準についてまとめていきます。

地元ファクタリング業者は?

鳥取県内に事業所を置くファクタリング業者はほとんどありません。東京や大阪、福岡など大都市圏に業者が集中しています。ファクタリングを申し込む企業側としては、なるべく顔を合わせて、信頼関係を築いた上で取引したいと思うのが本音でしょう。

最近のファクタリング業者は、そういった企業側のニーズを汲んで、出張面談をしてくれる業者も少なくありません。企業側のニーズになるべく応えてくれる業者はファクタリング業者を選ぶ際に注目しておきたいポイントです。ですがそれ以上に重要なことを忘れてはいけません。

業者選びで重要なのは?

ファクタリング業者選びで最も重要なのは「資金化できるか否か」という点です。どんなに良心的で柔軟な対応をしてくれる業者でも、資金化が出来ないのでは全く意味がありません。ファクタリング業者は、得意な業種が会社毎で異なります。建設業に強い業者もいれば、製造業に強い業者もいます。

自分の会社が持っている売掛債権の種類(売掛先)がファクタリング業者の扱っているファクタリングにマッチするかどうかも重要な基準です。手数料の安さだけで選ぶ人もいますが、手数料が安くても資金化できなければ話になりません。

最近ではファクタリング業者を比較するサイトなどもでき、ファクタリングはマイナーな金融工学から徐々にメジャーな金策へと変貌を遂げています。中にはネット完結型のファクタリング業者もある程です。

ファクタリング業者を選ぶ際には、確実にファクタリング取引ができるかどうかを判断するべきです。

まとめ

鳥取県内の主要産業を助けてくれるファクタリングについて解説してきました。融資と違って将来的な負債にならない分、計画的な資金運用が可能になります。ぜひファクタリングを検討して、資金サイクルの改善につなげてみてはいかがでしょうか?

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。