埼玉県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

埼玉県は中小零細企業が多く、そのほとんどの運転資金は、地方銀行や都市銀行の融資に依存しています。主要都市銀行の一つでもある「りそな銀行」に対して「貸し渋りではないのか?」という声も挙がるなど、資金繰りに切迫しているニュースが流れたこともあります。

最近注目を集めている資金獲得方法として、「ファクタリング」があります。今回は、埼玉県内のファクタリング業者を紹介しながら、ファクタリングとは何か?ということについて詳しく解説していきます。

ファクタリングとはどんな資金獲得方法なのか?

ファクタリングと一言で済ませていますが、ファクタリングとは一体どのような資金獲得方法なのでしょうか?

ファクタリングの仕組みとは?

ファクタリングとは、「他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行なう金融サービス」です。日本では2000年代から急速に普及してきました。銀行が行う「融資」と違い、借金ではなく「売買」による資金調達方法になる為、ファクタリングは中小零細企業にとっては、大きなメリットがある資金調達方法ということになります。

ファクタリングの仕組みは、売掛債権を一つの「物」として、業者に買い取ってもらう方法で、わかりやすく言うと、リサイクルショップに使用期限が決まっている中古家電を買い取ってもらうようなイメージです。使用期限(決済期限)が過ぎてしまうと、現金化できなくなってしまうため、損害は売掛債権を買い取ったファクタリング業者が負うことになります。そのため、銀行の融資と違い、与信審査は売掛債権を売る側の企業ではなく、売掛債権をしている企業が審査されます。

売掛債権を買い取ってもらう側の企業の決算情報などは審査されませんので、銀行で決算の数字を理由に融資を断られた企業であっても、売掛債権を資金することが可能です。

埼玉県のファクタリングにおける地域性とは?

埼玉県でのファクタリングにおける地域性は、中小零細企業の数の多さと、地方銀行、都市銀行に依存した資金繰り体質です。貸し渋りなどがあると、経営状況の悪化に即繋がってしまうため、銀行の力が埼玉県の経済界に大きな影響力を持っているのも特徴です。

銀行の中でも主要都市銀行である「りそな銀行」を一番の取引銀行にしている企業が多く、りそな銀行の経営状況に合わせて、自社企業の資金繰りが左右されるというリスキーな部分があります。そのため、埼玉県はファクタリングの開拓地として、かなりビジネスチャンスの高い地域であるとも言えます。

埼玉県でファクタリング業者を選ぶ際のポイント

埼玉県でファクタリング業者を選ぶ際のポイントについて解説していきます。最近になって注目され始めたサービスということもあり、業者によっては悪質な違法営業をしているところもあります。

ファクタリング業者を選ぶ「基準」

まずファクタリング業者を選ぶ際に、何を以って選定すべきかの基準を確認しましょう。ファクタリング業者の選定基準は「資金化までのスピード」、「手数料」、「実績」です。どれか一つが優れているという点で選ぶのではなく、3つの要素をバランスよくニーズを満たしてくれるかが重要です。

資金化までのスピード

資金化までのスピードとは、売掛債権が現金になるまでの時間のことです。資金化までのスピードが速い業者程、売掛債権の上限額が3000万円~5000万円に設定されている場合が多いです。逆に、資金化までのスピードが遅い業者程、上限額が1億~2億と、高額な売掛債権に対応しています。

このスピードは、ファクタリング業者の与信審査に必要な時間が含まれています。資金化までのスピードが速い会社程、資金力があり、審査にかかる時間も短いということになります。全てのファクタリング業者というわけではありませんが、ファクタリング業者を選ぶ際の参考にして頂ければいいでしょう。

手数料と実績

資金化したい売掛債権の何%かを手数料として支払います。その手数料がファクタリング業者の利益になります。この手数料が安すぎる場合や、高すぎる場合は注意が必要です。

ファクタリングの手数料は、法的な基準がありません。業者ごとに決まっているのが一般的です。安すぎても怪しく思えますし、高すぎると利用できません。
そこで重要になるのが、ファクタリング業者の「実績」です。大企業ではなく、中小企業向けのファクタリング業者は、どれだけのファクタリングを行なってきたかという「実績」が業者選定の一つの指針になります。資金化してきた金額ではなく、資金化した案件数や口コミなどで判断しましょう。

地元が強い?東京や大阪の遠隔地はダメ?

ファクタリング業者は、地元にある所を選ぶべきというのは、業者側の都合です。実際には資金化さえ出来れば、地元であろうと遠隔地であろうとも関係ありません。もちろん顔を突き合わせて、お互いに信頼関係を築いた上でファクタリングを行なうのが、一番安心です。

しかし、遠方のファクタリング業者であっても、出張面談や電話相談でファクタリングができる良心的な業者は沢山あります。地元にこだわって選択の幅を狭めてしまうよりも、広く日本全国の業者に目を向けてみるのも業者選びのコツです。

まとめ

埼玉県で積極的にファクタリングを行なっている業者を紹介してきました。埼玉県は、地域柄中小企業が多く、ほとんどの企業が地方銀行や都市銀行の融資に運転資金を握られているのが現状です。貸し渋りが多くなると、倒産の危険性があるだけに、融資以外の資金入手の方法を検討しなくてはなりません。

そんなときに、信頼のおけるファクタリング業者を使って、売掛債権を資金化するという手法を検討してみてはいかがでしょうか?資金化までのスピードは銀行よりも早いため、きっと役に立つことでしょう。ぜひファクタリングという資金獲得方法を検討してみてください。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。