大阪府でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

大阪府の特徴

大阪府は、日本では東京、神奈川に次いで第3位の人口を誇る大きな街です。江戸時代には「天下の台所」とも呼ばれたように、食い倒れの街としても有名です。小さな飲食店をはじめとし、大阪を中心にチェーン店展開する企業も少なくありません。
また、大阪は非常に多くの中小企業が集まっている街でもあります。水運の発達によって、古くから流通における中心地の役目を果たしてきたことからもわかるように、大阪は日本の産業を支えているといっても過言ではないのです。

このように中小企業を多く擁する大阪ですから、その分経営者の数が多いことも大阪の特徴といえるでしょう。大阪では、かなりの経営者の方が、ご自身の企業の発展に毎日奮闘されていることと思います。

企業経営上での最も大きな課題といえば、【資金の調達】です。この資金の調達に悩む経営者の方も少なくないでしょう。経営に必要な資金の獲得手法は様々ありますが、近年注目される手法の一つに【ファクタリング】があります。

ファクタリングって?

ファクタリングとは、一言で言ってしまえば「売掛金をファクタリング企業が前払いしてくれる」方法です。

事業において商品を販売した際に、その販売額が即日支払われるということはあまりありません。売上金は概ね【売掛金】という形でプールされます。そして期日になると、売掛金が売上(お金)として回収されるという仕組みです。
売掛金が売上に変わるまでに必要となる時間が一概にどれくらいである、ということはできません。しかし、どういった場合であれ、経営者は売掛金を早くお金として受け取りたいと思っていることでしょう。

売掛金を少しでも早くお金に換えることができれば、それを元手に商品や材料を仕入れることも可能です。中小企業であれば、運転資金に余裕がないというケースも少なくないはず。もし開業や経営にあたり融資を受けているのなら、現金が手元にあることで、返済が滞ってしまうといった最悪の事態も避けることができます。
そんなわけで、売掛金を早くお金として支払ってもらえればそれに越したことはないのですが、取引先企業にも経営上の都合があるでしょうし、普通は期日まで待つしかありません。

そんな時、この売掛金を現金に換えてくれるのが【ファクタリング】というサービスです。ファクタリング企業は、まだ回収できていない売掛金(=売掛債権)を買い取ったり、保証したりすることを業務としていますから、これを利用することで、企業は売掛金をすぐに現金化することができてしまう、というワケなのです!

ファクタリングを利用するには

銀行などの資金融資を利用する場合、一般的には企業状態を厳しく審査されます。もちろんファクタリングを利用する際にも、審査そのものは必要となります。しかし、審査対象はあくまで【売掛債権】です。つまり、ファクタリングの場合、売掛債権を持つ企業(ファクタリングを利用する企業)ではなく、売掛金を支払う(商品を購入した)企業が審査を受けることになるのです。

といっても、ファクタリング利用時には売掛債権をファクタリング企業に買い取ってもらうことになります。審査はやや柔軟ではありますが、利用者も審査を受けなければなりません。その審査内容は、ほとんどが書類やデータ上で完結するものばかりなのですが、直接ファクタリング企業と会って話をすることはとても大切です。もちろん審査を行うファクタリング企業にとってもですが、利用者がファクタリング企業を見極めるためにも【直接会うこと】はとても有意義なのです!後述しますが、最近では悪徳ファクタリング企業も少なくありませんので、企業の近隣にあるファクタリング企業を利用できるのであれば、直接会うことをお勧めします。

ただ現実的には、直接会うことが必ずしも必要というわけではありません。ファクタリングでは売掛債権を買い取ってもらうわけですから、現金化までのスピードが最も重要になります。移動にかかる時間がもったいないことは確かですし、インターネット上で全ての手続きを終えてしまうといったファクタリング企業も多くあります。利用者にとってその方が都合がよい場合は、こういったシステムを利用するのもアリです。

ファクタリング企業を選ぶ時に見るべきところ

さて、実際にファクタリングを利用するとなった際には、どのようなポイントを確認すればよいのでしょうか。次に挙げるような項目で、複数のファクタリング企業を比較してみることをおすすめします。

・最小買取額は?
・最大買取額は?
・ファクタリング手数料は水準と比較して妥当?
・契約から入金までのスピードはどのくらい?
・もし売掛金が支払われなかったら、その金額をファクタリング企業に支払う必要がある?
・取引実績はどの程度?

また、利用する企業が悪徳ファクタリング企業ではないか、という点についてはよく注意して見た方がいいと思います!

近年では、悪徳ファクタリング企業による犯罪も摘発されています。ファクタリングでは売掛債権の譲渡を行うのですが、ファクタリングと謳いながら債権を譲渡ではなく担保に入れることで、金利を請求するといった犯罪行為が発生しているのも事実です。こういった手口に騙されることのないよう、ファクタリング企業を選ぶ際には十分注意を払い、様々な角度から検討するようにしましょう。

大阪府のファクタリング企業

大阪府にあるファクタリング業務を担っている企業をいくつか紹介します。これを参考に、ファクタリング企業を選んでみてください。

アルシエ株式会社

所在地(本社):大阪市北区東天満2丁目9番2号 AXIS南森町ビル別館6階
電話番号:06-6585-0993
URL:http://arce.co.jp/
対応地域:大阪を含む日本全国
取扱可能額:50万円~1億円
事業内容:ファクタリング業務、企業信用調査業務各種

アルシエ株式会社は大阪市に本社を持っています。関西圏に会社を持つ企業なら、交通費や時間を気にする必要がないというところが良いですね。また、契約時には出張での買い取りも可能となっているようです。
また、ファクタリングの手数料が2社間では2.5%から、3社間では1.5%からととても低いのもポイントです。償還請求権も無いということが公式サイトに明記されており、良心的かつ不安なく利用できる企業だと思います。

株式会社 日経ファイナンシャルトライ

所在地:東京都千代田区内神田1丁目18番11号 東京ロイヤルプラザ509
電話番号:0120-966-291
URL:https://nikkei-financial.tokyo/index.php
対応地域:大阪を含む日本全国
取扱可能額:50万円~5000万円
事業内容:ファクタリング事業、経営コンサルティング業、各種商品の買取及び販売業、信用調査業

東京本社の他に大阪、札幌、仙台に支店を持っているため、全国対応が可能です。また、必ずしも来店する必要がなく、最寄り支店から無料で出張してくれるというサービスがあります。
手数料は業界最低水準の3%~8%と明記されているところも安心要素ですね。また、手続きは最短即日からとなっています。リピート率は85.3%とのこと。
2社間ファクタリング、3社間ファクタリングに対応しています。

株式会社 西日本ファクター

所在地:福岡市中央区薬院2-2-18 大地ビル2F
電話番号:092-726-8100
URL:http://www.nishinihonfactor.jp/
対応地域:大阪を含む関西・九州・中国
取扱可能額:30万~3000万円
事業内容:ファクタリング事業、経営コンサルティング事業

西日本ファクターは、福岡を拠点としており関西地方・九州・中国エリアを対象としているため、東京まで行かなくても良いという点がメリットです。交通費や移動にかかる時間をその分カットすることも可能でしょう。
手数料が2.8%~となっており、利用しやすい企業であるということもできます。2社間ファクタリング(1000万円まで)、3社間ファクタリング(3000万円まで)に対応しています。最短の場合、即日で資金化することも可能です。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。