長崎県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

観光資源が豊富な長崎県。古くから海外との交流があり、県内の主要産業も当時の技術から発展したものが数多くあります。しかし、そんな長崎県も販売不振や経費の高騰による倒産や休廃業が少なくありません。

企業の倒産や休廃業の主な原因には、後継者不足や担い手不足が挙げられていますが、元を正せば資金繰りの悪化がそもそもの原因です。

資金繰りの悪化を救済する金策として近年注目されている金融工学「ファクタリング」をご存知ですか?今回は、長崎県の主要産業を救済するファクタリングについて解説していきます。

長崎県の特性

長崎県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

長崎県の主要産業と地域特性

長崎県の産業は、第一次産業から第三次産業までバランスよく分布していることが特徴です。

第一次産業の、農業では温暖で降水量が多い気候を利用した「みかん」や「でこぽん」、「ビワ」や「じゃがいも」などの生産が盛んです。肉用牛は長崎和牛としてブランド化しており、畜産の割合は全農業の30%を超えています。

漁業では多くの島や、入江、対馬暖流など恵まれた漁業環境を生かした沿岸漁業や養殖漁業が有名です。特に有名なのは「とびうお」や「ブリ」の知名度が高いです。

第二次産業では佐世保市や長崎市を中心に発展しており、特に造船業が盛んです。戦時中はあの戦艦武蔵を建造した地としても有名です。佐世保市は昔から軍港があり、現在でも海上自衛隊や米第7艦隊の基地として稼働しています。

第三次産業は、グラバー園や、ハウステンボスなどの観光資源を利用したサービス業が盛んです。多くの観光客が訪れ、最近では海外からのインバウンド消費も増加しています。

全体的にバランスのより産業分布で、県経済は徐々に上昇傾向にあります。しかし福岡県をはじめとした大都市圏への人口流出などがあり、後継者不足、人手不足が深刻な問題となっています。

長崎県の減収傾向にある産業

長崎県の資金繰りが厳しい産業は、製造業が挙げられます。為替の影響による材料費の高騰や、輸送費などの流通費の高騰が資金繰りを悪化させています。またそれに輪をかけて後継者不足や担い手不足により、休廃業や解散を選択する経営者も多く、特殊な技術を要する製造業が徐々に衰退しています。

元を正せば、資金繰りの悪化によって、賃金をアップさせられず、結果県外への人口流出を生んでいるとも言えます。資金繰りの悪化は全ての産業の成長を妨げていると言ってもいいでしょう。資金繰りの悪化が改善しないまま、消費が促進されると、仕事(売上)はあるのに経費を支払うことが出来ずに黒字倒産に繋がります。

黒字倒産の主な原因は「売掛債権」による入金サイクルの悪化です。そこで最近注目を集めているのが、金融工学の「ファクタリング」です。ファクタリングは、売掛債権を入金期日よりも前に資金化できる金策で、日本政府からも推奨されています。

欧米では手形取引よりもメジャーな金策として利用されており、近年ではZOZOTOWNやユニクロ、TOYOTAなどの大企業も資金サイクルの健全化のためにファクタリングを年間予算に組み込んでいる程です。

製造業は、下流工程になるほど資金サイクルが悪化しやすい業種です。経費支払いのために金策で奔走するよりも前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権を第三者に買い取ってもらうことで資金化する金融工学の事です。銀行融資と違い、将来的な負債にならないというメリットがあります。ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類の取引方法があります。それぞれにメリットやデメリットがある為、きちんとそれぞれを理解した上でファクタリング契約を検討する必要があります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリング契約を申し込んだ売掛元の企業と、売掛債権を買い取ってくれるファクタリング業者の間で行われるファクタリング取引の事です。売掛債権を「モノ」として扱い、ファクタリング業者に「買い取ってもらう」ことで資金化する方法です。

2社間ファクタリングのメリットは申し込みから資金化までのスピードが早いという点です。早い所では申し込んだ当日に資金化できる業者もあります。

デメリットは、個人事業主は利用できないという点です。ファクタリングは「売掛債権譲渡契約」に該当するため、法人同士でのやり取りしか法律で認められていません。個人事業主が売掛先、売掛元でファクタリングを行なう際には3社間ファクタリングを選ぶ必要があります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元、売掛先、ファクタリング業者の3社間で行われるファクタリング取引です。

3社間ファクタリングのメリットは、2社間ファクタリングに比べて手数料が安いという点が挙げられます。ファクタリング手数料の法的拘束力はありませんが、大体の相場として2社間が10%~30%、3社間は5%~15%と2社間より3社間の方が優遇されています。2社間に比べ3社間の方が貸し倒れになる危険性が低いためです。

デメリットは、売掛先へ資金難であるという事実が知られてしまう点です。2社間ファクタリングは、売掛債権譲渡契約の内容に譲渡禁止の項目が無ければ、売掛先に譲渡契約の事実を通知する必要がありません。3社間は、3社が契約書に判を押すため必ず売掛先へ資金難であるという事実が知られてしまいます。事実を知られたことで将来的に仕事を減らされたり、仕事の単価を下げられたりすることにも繋がるため、
慎重な検討が必要です。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者はどのように選べばいいのでしょうか?ここでは、ファクタリング業者の選ぶポイントについて解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

長崎県内に本社を置くファクタリング業者はほとんどありません。九州では福岡県に事業所を構えるファクタリング業者が有ります。ですが、仕事をしながらファクタリング契約で福岡まで交渉に行くのは少々骨が折れる作業です。

最近ではファクタリング業者も申し込み企業のニーズに合わせて、近隣まで出張してくれる業者も多くなりました。また、電話相談やテレビ電話相談にも対応している業者もあります。なるべく、企業側のニーズを組んでくれる柔軟性のある業者を選ぶと良いでしょう。

業者選びで重要なのは?

ファクタリングで重要なのは、資金化が可能か不可能かという点です。ファクタリングは融資ではありませんが、審査が発生します。審査は申し込んだ売掛元の企業ではなく、売掛先の企業が審査対象になります。

どれだけ面談を重ねて信頼関係を築いたとしても、資金化できなければ何の意味も持ちません。素早く、手数料が良心的で資金化ができる業者を選ぶことが最も重要です。

まとめ

長崎県の主要産業を救済するファクタリングについて解説してきました。ファクタリングに注目しているのは主に中小企業の経営者です。資金繰りを改善することで、永続的な会社の成長が見込めるということもあり、利用者も徐々に増えてきています。

銀行融資などを断られて右往左往する前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。