長野県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

長野県のファクタリング事情について紹介しています。

長野オリンピックが行われたということもあり、世界的にもウィンタースポーツでも有名な長野県は、地域柄第一次産業が盛んです。高齢者就業率が高い一方、深刻な後継者不足といった問題も抱えているとされています。

そんな長野県ですが、資金繰りで悩む事業経営者の方は少なくありません。とくに天候に左右されやすい農業関係者の場合、安定的な資金繰りが困難となり資金ショートしてしまうケースも。

そんなときおススメの資金調達方法として「ファクタリング」があります。

資金繰りに便利なファクタリング契約の4ステップ

ファクタリングは、中小企業はもちろん、個人事業主でも利用することのできる新しい形の資金調達サービスです。

クライアントから支払い待ちの売掛金を活用して、ファクタリング会社に買い取りを依頼することで、予定よりも早く資金調達できる効率的な方法です。ここからは、ファクタリング契約について4ステップで紹介していきます。

申し込み

まずはファクタリング会社が指定する方法で申し込みを行います。ほとんどのファクタリング会社がホームページのお問い合わせフォームやメール、電話にて、無料相談や申し込みができるようになっています。

ヒアリングまたはオンラインで相談

申し込み後、来店してのヒアリングまたはオンラインでの詳しい相談を行います。対象となる売掛金の説明やその売掛金に対しての料率、契約方法など、企業経営者が納得いくまで話し合いが行われます。

必要書類の提出・本審査

ヒアリング後、必要書類をファクタリング会社に提出して、それを元に本審査が行われます。本審査には売掛先の信用性も対象となるため、本審査にかける売掛金もしっかりと選ぶようにしましょう。

契約成立・入金

本審査に無事通れば無事契約成立となります。契約成立がファクタリング会社から知らされた後、企業の指定口座へ入金されます。

ファクタリングの企業に嬉しいポイント

続いて、企業経営者がファクタリング契約を行う上での嬉しいポイントについて紹介します。銀行や貸金業者などに比べて、審査に通りやすい契約であることはもちろん、その他にもたくさん嬉しいポイントがあります。ぜひ、参考にしてみてください。

融資に比べて資金調達が早い

銀行などの融資は、申し込みを行ってから資金調達実行ででに、1ヵ月~2ヶ月もの長い期間を要することがあり、急ぎの資金調達の場合は間に合わないケースがあります。

融資によっては売掛金の支払い日の方が早い可能性があり、ファクタリングなら即日現金化に対応しているところもあります。

負債が増えない

ファクタリング契約では負債が増えるわけではなく、売掛金の買い取りなので返済期限を気にすることも、銀行やクライアントからの信頼関係に影響をきたすこともありません。

手数料が安い

ファクタリング会社によって手数料の料率は違いますが、5~9%といった料率の会社も少なくないので、安い手数料で売掛金を買い取ってもらうことができます。リスクを減らして資金調達をしたい企業経営者にもおススメです。

出張相談もしてくれる

ファクタリング会社は東京を拠点としている会社が多く、地方の中小企業はファクタリング契約を活用しにくいという状況にあります。ですがファクタリング会社の中には出張相談に対応している会社やオンライン上ですべて完了できる会社もあるため、気軽に資金調達の相談ができます。

ファクタリング契約で注意したいこと

続いて、ファクタリング契約を行う上で注意したいことを紹介します。どんな物事にも注意点は必ずありますが事前に知っておけばトラブルも回避できるため、しっかりと頭に入れておきましょう。

高すぎる手数料請求に注意

ファクタリング会社によって、買取金額から差し引かれる手数料は違います。ですがさまざまなファクタリング会社のファクタリング内容を見比べれば、相場は3社間契約が1~5%、2社間契約が10~30%とされています。

この手数料の相場を参考にして、利用するファクタリング会社の提示する手数料をしっかりと確認し、あまりに高すぎるようなら相談するか、契約自体を見なおすことをおススメします。

会社の信頼に影響がでないように注意

ファクタリング契約を行ったことが銀行やクライアントに知られてしまうと、会社が倒産してしまうのか、経営が悪化しているのかといった疑念を抱く取引先が出てくる可能性があります。

信頼に影響がでないようにするためには、クライアントに内密にして行う2社間契約にするか、手数料がどうしても厳しい場合には、しっかりと事情を売掛先に説明した上で、他言無用のお願いをして行うようにしましょう。

悪徳業者に騙されないように注意

先ほど紹介した手数料もそうですが、無料相談といっていたのに膨大な相談料をとられたり、文字の小さな契約書にたくさんの条件が書かれていて不当と思われる条件も混ざっていたりと、効率的な資金調達なはずなのに損をしてしまうといった可能性もあります。

おかしいな?悪徳業者なのかな?と感じる部分があれば、複数のファクタリング会社に相談しているのもよいでしょう。もしくは金融系の専門家や家族でもよいので、1人で抱え込まず、必ず契約前に手を打つようにしましょう。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。