宮崎県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

九州の太平洋側に位置し、年間を通して温暖な気候で知られている宮崎県。プロ野球のキャンプ地としても有名で、観光業や農業、畜産業などが発展しています。

宮崎県は県民一人あたりの所得は全国37位と低水準ではありますが、物価水準も低いため所得格差程の生活水準の低さはありません。しかし全国的な消費の低迷に伴って、倒産や休廃業・解散をする企業が年々増加傾向にあります。

売上の低迷で一番困るのは、企業の資金サイクルです。特に中小企業は流動資産である預金が少なく、売上の低下が資金サイクルの悪化を招きます。

近年中小企業の経営者から注目を集めている「ファクタリング」をご存じですか?売掛債権を早期資金化することができる金融工学の一つで、国もファクタリングの利用を推進しています。

今回は、宮崎県内の中小企業を助ける「ファクタリング」について解説していきます。

宮崎県の経済特性とは?

宮崎県の経済特性についておさらいしていきましょう。ここでは宮崎県の主要産業、地域経済特性と宮崎県の減収傾向にある産業について解説していきます。

宮崎県の主要産業と地域特性

宮崎県の主要産業は第一次産業です。47都道府県において、第一次産業の比率が最も高いのが宮崎県です。農業や、畜産業、林業や漁業などが全国平均を大きく上回る出荷額と従事者数を誇っています。農作物では、キュウリやピーマン、ダイコン、スイートピーなどが出荷額1位2位を記録しています。また特産品でもあるマンゴーは、宮崎県のアイコンとしての知名度が高く、高値で取引されるブランド品です。

林業では国産建築材料の供給基地としての役割を担っており、県木に指定されている飫肥杉はシロアリの殺蟻活性成分を含むなど貴重な建材として知られており、生産量、出荷量共に日本一を記録しています。

漁業では油津港や細島港を本拠とした沖合・遠洋漁業が盛んで、近海のカツオの一本釣りや沿岸のまぐろはえ縄、ウルメイワシが漁獲量日本一です。近年では鹿児島県と共にウナギの養殖にも力を入れています。

第二次産業は他県に比べて従事者数の割合が低く、出荷金額もあまり高くありません。しかし近年、隣県である大分県と共に東九州地域を医療機器産業の拠点として整備する「東九州地域医療産業拠点構想」、通称東九州メディカルバレー構想を発表しており、医療機器製造業の分野に力を入れています。ちなみに、延岡市は旭化成発祥の地として知られ、化学工業が他の都市に比べて発展しています。

第三次産業では観光業と医療・福祉業を軸としています。しかし、商圏が県内一円に限られていることや、地元スーパーチェーンも有力な企業がおらず、イオングループなど大企業の進出により、地元商業の状況はあまり芳しくありません。

宮崎県の減収傾向にある産業

宮崎県の資金繰りが厳しい産業は、小売業が挙げられます。先ほども述べた通り、宮崎県内の消費は低迷しており、地元商業の状況が芳しくないこともあって、倒産や休廃業・解散に至る企業も少なくありません。また、宮崎県は全国でも有数の長寿県です。倒産や休廃業をする経営者のうち、半分以上が60代以上というのも、休廃業や解散を選択する要因にもなっています。

小売業で一番苦しいのは、クレジットカード決済による売掛金の入金サイクルです。キャッシュレス決済が浸透して、消費者にとっては便利な状況になってはいますが、企業にとっては、資金サイクルを悪化させる要因になっていることも事実です。

クレジットカード決済の場合、締日の翌月もしくは翌々月に売上が入金される場合が多く、仕入れのための経費を売上金から捻出しようとしても、手元にお金が無いという状況になってしまいます。こうした資金サイクルの悪化が、中小規模の小売業が衰退する要因になっているという指摘もあります。

ファクタリングは売掛債権を入金期日よりも前に資金化する合法的な金融工学です。融資と違い将来的な負債にならず、資金が必要なタイミングで、必要な分の資金を手に入れることができるというメリットがあります。

小売業以外でもファクタリングを利用している企業は多く、最近ではユニクロやトヨタ自動車などの日本を代表する企業もファクタリングを年間予算に組み込んでいる程です。

売掛債権が原因の資金サイクルの悪化を防ぐためにも、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。

ファクタリング業者の選び方とは?

ファクタリング業者やファクタリング利用者は年々増加傾向にあります。しかし、どういった基準でファクタリング業者を選ぶべきかということに関してはあまり情報がありません。ここではファクタリング業者を選ぶ際に注意すべきポイントについて解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

宮崎県内にはファクタリング業者の事業所があまり多くありません。九州では福岡県にファクタリング事業所が多く、九州の中小企業は福岡県まで行ってファクタリング取引をしているようです。

地元ファクタリング業者を選ぶメリットとは何でしょうか?実際、東京や大阪で営業しているファクタリング業者と比べると、買取率や入金スピードに関してはほとんど違いがありません。

ファクタリング業者を選ぶ上で、地元だから良いというのはあまり判断基準にならないのが正直な所です。

詐欺業者に要注意

ファクタリング業者を選ぶ上で注意しなくてはならないのが、詐欺業者、悪徳業者です。ファクタリングは日本政府が推奨している金融工学ですが、肝心の法整備が不十分な資金調達方法です。手数料などの決まりがなく、ファクタリング業者同士で相場を決めあっているのが現状です。逆を言えば、手数料が30%、40%の業者であっても違法ではないという事になります。

そんな法整備がされていないファクタリングを狙った悪質な業者や詐欺業者がはびこっているのも事実です。ファクタリング取引の中でも売掛債権譲渡通知が必要ない2社間ファクタリングに置いて、譲渡通知をしない代わりに余計に手数料を搾取しようとする業者もいます。

ファクタリング業者を選ぶ上で、詐欺業者や悪質業者を選ばないようにするためには、取引実績をチェックすることはもちろん、同業者同士でファクタリング業者の口コミなどの情報を集めることを忘れないようにしましょう。

また、万が一詐欺業者や悪質業者だった時を想定して、弁護士や税理士に事前に相談するのもいいでしょう。

インターネット専門ファクタリング業者がおすすめ

ファクタリング業者の中でもインターネット専門ファクタリングを行なっている業者が徐々に増えてきました。出張面談などを行なってくれる業者と違い、受付から入金までを全てネット上で完結できるのが魅力です。出張面談などの経費が掛からないため、他のファクタリング業者よりも買取率や手数料が若干安くなっていることも魅力です。

もちろんきちんと担当者との面談を通してファクタリング取引をしたいと考えている方もいるでしょう。しかし、ファクタリングのゴールは、「売掛債権を資金化する」ことです。どんなに感じのよい担当者であっても、資金化できなければ、まったく意味が無いのです。

ファクタリング業者を選ぶ上で最低限抑えておくべきなのは、この「売掛債権を資金化できる」ことです。

まとめ

宮崎県主要産業の資金繰りを改善させるファクタリングについて解説してきました。小売業以外でも建設業や医療・福祉業など多くの業種がファクタリングを利用して資金サイクルを健全化させています。自社の資金繰りが売掛債権の入金サイクルのせいで悪化したら、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。