宮城県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

大手企業はもちろん、中小企業がさまざまな理由で資金調達をする際、主流となってくるのが銀行からの融資ですよね?銀行の融資は必要ですが、何度も利用すると負債が増えて支払いが困難になったり、融資を断られたりといった問題が発生してきます。そこで、おすすめなのがファクタリングといった新しい資金調達の方法です。

ファクタリングとは、企業の持っている支払いサイトの長い売掛金をファクタリング会社が買い取り、手数料を差し引いた金額を企業に支払うといった新しい形の資金調達方法です。ここでは、ファクタリング契約を行う上で大切なポイントについて簡単に紹介していきたいと思います。

ファクタリング契約の対象条件は?

まず始めに、ファクタリング契約の対象となる企業の条件を紹介します。条件はいたって簡単で、支払い能力のあるクライアントからの売掛金がある企業なら、どんな企業でもファクタリングの対象となります。

銀行の融資のように、赤字決済や税金・社会保険の滞納などの不安要素があっても、売掛金の詳細がしっかりとしていれば問題ありません。審査の際に必要な書類も少ないので、手間も省けて申し込みも安心して行えます。

ファクタリング契約のメリット

続いて、ファクタリング契約においてのメリットを紹介します。ファクタリング契約を初めて行う企業は、自分に合っている資金調達方法なのかどうか、紹介するファクタリング契約のメリットをぜひ参考にしてみてください。

早く資金調達ができる

ファクタリングは、さまざまな支払いにおいての資金不足や新規事業において、早急に資金が必要な際に、早く資金調達をすることができる中小企業に嬉しいサービスです。ファクタリング会社によっては、契約後即日から2・3日で買い取り金額を振り込んでくれる会社もあります。

クライアントを通すことなくファクタリングができる

ファクタリングには、クライアントに契約内容を通知する3社間契約と通知しない2社間契約というものがあります。クライアントや金融機関からの信用問題を守りたいという企業は多いので、クライアントを通すことなく契約ができるのも嬉しいポイントです

実績を積んだファクタリング会社もたくさんある

ファクタリングは、まだまだあまり知られてないサービスではありますが、さまざまな業種の企業への経験を積んだファクタリング会社も多く、安心して申し込みのできるようになってきています。地方銀行によっては、ファクタリングサービスを行っている銀行もあります。

ファクタリング契約のデメリット

それでは反対に、ファクタリング契約においてのデメリットを紹介します。ファクタリング契約を行う際に重要なポイントなので、しっかりと把握しておきましょう。把握しておくことで、実際に契約を行う際に有利になったり、問題のあるファクタリング会社だと見抜けたりと、さまざまな場面で役立ちます。

手数料によって売掛金が減る

ファクタリングは早期に売掛金を資金化するため、手数料がかかります。売掛金から手数料が差し引かれた金額が支払われるので、売掛金の実際の金額より減ってしまいます。ですが、早期に資金化することが重要なので、手数料は必要な資金を得るためにかかる最小限のリスクと言えます。

近くにファクタリング会社がないため直接契約が困難

宮城県にはファクタリング会社が少ないので、ファクタリング会社の多い東京へ足を運ぶ必要があります。会社の大切な問題なので、直接会って契約をしたいという企業も多く、ファクタリング会社の中には出張相談を行っている会社もあります。ほとんどの会社が、メールや電話での申し込みや契約にも対応しているので安心です。

新しい資金調達方法なので知識がない

ファクタリングは、まだ資金調達方法として取り入れていない企業の方が多く、認知度も低いのが現状です。契約内容の確認を慎重に行う必要があり、ファクタリングの知識の乏しい企業を騙す悪徳企業も少なくありません。

ファクタリング契約を行う際は、事前にファクタリング会社の情報や実績、契約時に提示された契約内容をしっかりと確認して、信頼のできるファクタリング会社なのかを見極めてから行うようにしましょう。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。