京都府でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

ファクタリング。中小企業の泣き所である「資金繰り」を解消するため、近年注目を集めている資金調達方法です。今回は、京都府の主要産業にオススメのファクタリングについて詳しく解説していきます。京都府の特性についても解説していきますので、合わせてお読みください。

京都府の特性

京都府の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

京都府の主要産業と地域特性

京都府は、観光業が県産業のほとんどを占めていると思われがちですが、実は県の主要産業の中での比率は、製造業とTOP2(観光業20.4%、製造業20.2%)を分け合っています。次いで不動産業(16.5%)、卸売・小売業(11.6%)と続いています。

京野菜など、特殊な農法で栽培されている農業に代表される第一次産業は、県全体の0.4%しかなく、また後継者不足という問題もあり、全体的に縮小傾向にあります。

京都府は平安京や長岡京といった歴史がある都市です。近畿地方の中心に位置しており、大阪府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、福井県と隣接しています。その為、交通の要所としても重要な場所で、工業が発展しやすい環境にあることも製造業が主要産業になっている理由です。

京都府の減収傾向にある産業

京都府の減収傾向にある産業は工業系以外の中小企業による製造業です。京都府には、国が指定する伝統工芸品が17品目もあり、特殊な技術を持った職人さんの手仕事によって作られています。しかし、近年では後継者不足や、職人さんの高齢化などもあり、人件費を中心に経費の圧迫が問題になっています。

京都府の製造業(伝統工芸品)の特徴として、1社で全ての工程を完了させるわけではないということが挙げられます。商品を完成させるまでには、いくつもの職人さんの手に渡り、商品として世に出てきます。上流工程の職人さんであれば、売上を直接手にできますが、下流工程の職人さんたちは、売掛金として、上流工程の職人さんからの入金を待つしかありません。

入金が遅くなったり、支払いが滞ってしまったりすることで、資金サイクルが崩れてしまい、新しい仕事を受注しても経費の支払いが出来なくなるという状況になってしまいます。後継者不足も大きな問題ですが、こうした資金サイクルの悪化も大きな問題になっています。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、「売掛債権を買い取って入金期日前に資金化する金融サービス」のことです。銀行の融資とは違い、債権売買契約による資金調達方法のため、負債が発生しないというメリットなどがあります。一般的に2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという2つの方法が行なわれています。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、売掛元の企業とファクタリング業者の間で行われるファクタリング取引です。売掛債権を「モノ」として扱い、ファクタリング業者に「買い取ってもらう」ことで資金化する方法と言った方が分かりやすいですね。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元、売掛先、ファクタリング業者の3社間で行われるファクタリング取引です。2社間ファクタリングでは、売掛先からの入金時に、売掛元(ファクタリング申込者)から、ファクタリング業者に売掛金を入金していました。3社間ファクタリングは、売掛先から直接ファクタリング業者に売掛金を入金するという、お金の流れの違いがあります。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べ、手数料が安いというメリットがあります。ただし、2社間ファクタリングと違い、申し込みから資金化(入金)までの時間が長くなるというデメリットが発生します。2社間であれば、申し込み側の企業と、ファクタリング業者の2社間で済むため、それほど時間はかかりません。3社間になると、売掛先の企業との3社でやりとりを行なうため、2社間に比べ、手続きに時間がかかってしまいます。

どちらも、メリットとデメリットがあり、金額や取引先の企業との信頼関係などを考慮した上で、ファクタリング方法を決めるべきでしょう。

ファクタリングと売掛債権担保融資の違い

よく勘違いをされるのが、ファクタリング=売掛債権担保融資という認識です。ファクタリングは、売掛債権そのものを取引するのに対して、売掛債権担保融資は、売掛債権が担保になって「融資」を受ける取引です。銀行なども「ファクタリング」という言葉を使っている所が有りますが、ファクタリング自体は「売買取引」が基本で、「融資取引」ではないということを覚えておきましょう。

売掛債権担保融資=ファクタリングと認識している業者には注意するべき

実際、ファクタリング業者の中でも、売掛債権担保融資をファクタリングとしてサービスを展開している所もあります。しかし、そういった業者のほとんどは、ファクタリングを悪用した詐欺業者の可能性もあります。もちろん合法的にサービスを展開している業者もあります。きちんと、ファクタリングと、売掛債権担保融資の違いを説明したうえで、資金化までのサポートをしてくれる業者もあります。

しかし、そういった説明もなく、ファクタリングだと思っていたら、実は融資で、売掛金も回収され、高額なファクタリング手数料も取られたという悪質な詐欺行為を働いているケースも少なくないのが現状です。

こういった詐欺業者の横行には、ファクタリングに関するきちんとした法律が整備されていないという点も忘れてはいけません。サラ金が社会問題になり、貸金法が改正されたときも同様ですが、大きな問題にならなければ法律は改正されません。そのタイミングにつけ込んで悪いことをしようとする人は少なからずいます。最近では、闇金業から悪質ファクタリング業者に鞍替えする業者も増えてきており、利用者側の知識が少ないことをカモにしている所もあります。

ファクタリングを利用する前に、きちんとファクタリングについて学んでおくことが最も重要だということを覚えておきましょう。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者はどのように選べばいいのでしょうか?ここでは、ファクタリング業者の選ぶポイントについて解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

京都府内に本社を置くファクタリング業者はほとんどありません。ファクタリング業者のほとんどが東京や大阪、福岡などの大都市圏に本社を構えています。お金を扱うサービスのため、できれば顔を合わせて内容を詰めたいと思うのも当たり前です。

特に京都のような、人と人との信頼関係を重視する地域では顔を合わせた信頼関係の構築が重要視されています。最近では、ファクタリング業者も徐々に増え始め、地方であっても出張面談をしてくれる業者も多くなってきました。

はじめてファクタリングを行なうのであれば、出張面談ができる業者に依頼してみるのもいいでしょう。しかし、経営者にとって最も重要なのは、「売掛債権を資金化できるか否か」です。そのことを踏まえて次の章をお読みください。

業者選びで重要なのは?

最近では、ネット完結型のファクタリング業者も増えてきました。申し込む側とすれば、最終的に売掛債権を資金化させることがゴールです。ファクタリング業者との関係性を築くことも重要ですが、その前にきちんと資金化できるかどうかということが最も重要なポイントです。

ファクタリング業者を選ぶ際のポイントは、「手数料」、「自分の業種に強い(経験がある)」という点です。審査に関しては、申し込んだ企業ではなく、売掛先の企業が審査対象になります。そのため、融資と違って「審査に通りやすい」、「企業間の信頼関係」というポイントはファクタリング業者にとってあまり重要ではないことを覚えておきましょう。

まとめ

京都府の主要産業におすすめのファクタリングについて解説してきました。最近ではファクタリング業者も徐々に専門性が出ている業者も多くなってきました。自社の資金繰りを助けてくれるピッタリの業者が見つかるはずです。

資金繰りに困ったら、まずは優良なファクタリング業者探しからはじめて見ることをおすすめします。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。