香川県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

四国地方北東部に位置する香川県。日本で最も面積が小さい県ですが、「うどん県」など、地産品を使った観光誘致活動が積極的な県でもあります。観光業などのサービス業が主要産業として香川県の経済を支えています。しかし、徐々に減少傾向ではありますが、資金難による倒産や休廃業がいまだに発生しています。

近年注目を集めている資金調達方法の「ファクタリング」はご存知ですか?売掛債権を資金化する方法で、多くの経営者達が利用しています。

今回は、香川県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

香川県の特性

香川県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

香川県の主要産業と地域特性

香川県は日本で最も面積が小さい県というデメリットがあります。しかしそのデメリットを生かしてコンパクトな都市設計を行ないました。利便性と豊かな自然を調和させたモデル都市としても有名です。

また、地形柄、県土の大部分を平野で占められていることもコンパクト都市を実現させた要因です。可住地面積比率や人口密度、居住室畳数が全国でも10位に入るなど、過ごしやすい環境が香川県経済の根幹になっていることが分かります。

香川県の主要産業は、第三次産業が挙げられます。サービス業が20.4%、不動産業が13.8%で、また観光誘致を兼ねた県行政の戦略もあり、「うどん県」や「アート県」としてのイメージ戦略に成功しており、今後第三次産業が伸びていくと予想されています。

第二次産業である製造業は19.4%です。瀬戸内工業地帯の一翼を担っていることもあり、造船業や石油関連の重化学工業の割合が高いです。

香川県の減収傾向にある産業

香川県の資金繰りが厳しい産業は、県の主要産業であるサービス業の中で高い比率を占めている小売業です。平成29年度に比べ、平成30年度は倒産件数が倍以上になっており、県の消費行動の停滞化に繋がる可能性があるとして指摘されています。

小売業は商品を仕入れないと、売上や利益に結び付きませんが、売れ残った在庫が蓄積されることで、利益を圧迫します。大口の取引先がある小売企業あっても安心はできません。

香川県では、郊外に大型ショッピングセンターが多く建てられていることもあり、県民の消費先が徐々にシフトしています。老舗の小売店や商店街はその影響が特に強く、販売不振によって倒産や休廃業を余儀なくされていることも事実なのです。

ファクタリングは、売掛金を入金期日前に資金化できる金融工学です。売掛債権の売買は基本的に法人同士というのが法律で決められていますが、最近では個人事業主であってもファクタリング取引をしてくれる業者が増えてきています。

確実な利益確保と健全な資金繰りを検討しているのであれば、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

次の項ではファクタリングについて簡単に説明していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、「売掛債権を第三者に買い取ってもらうことで入金期日前に資金化する金策」のことです。銀行の売掛債権担保融資と違い、将来的な負債にならないというメリットがあります。手数料は発生しますが、資金繰りが原因の黒字倒産を防ぐのにはうってつけの金策として注目されています。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2種類の方法が行なわれています。どちらもメリットとデメリットがある為、きちんと理解した上で利用することが重要です。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、売掛債権を持っている売掛元の企業と、その買取先となるファクタリング業者の間で行われるファクタリング取引を指します。売掛債権を「モノ」として扱い、ファクタリング業者に「買い取ってもらう」ことで資金化する方法で、基本的に法人しか利用できません。

メリットは申し込みから資金化までのスピードが早いという点です。早い所では申し込んだ当日に資金化できる場合もあります。

デメリットは、3社間ファクタリングに比べて手数料の相場が高いことです。3社間での手数料は、売掛債権額の5%~15%程度ですが、2社間の場合はその倍となる10%~30%となっています。売掛先へ債権譲渡の通知が必要ないため、万が一売掛先が倒産して売掛債権が回収できない場合の保険として手数料が高くなっています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元、売掛先、ファクタリング業者の3社間で行われるファクタリング取引を指します。2社間ファクタリングと違って個人事業主であっても利用できることがメリットです。

3社間ファクタリングのメリットは、2社間ファクタリングのデメリットである手数料です。直接売掛先からファクタリング業者へ売掛金が入金される為、貸し倒れのリスクが低いためです。

デメリットは、売掛債権を第三者に譲渡するという事実が売掛先に知られてしまう点です。企業によっては、資金難であることを売掛先に知られた場合、将来的に仕事の発注量を減らされたり、単価が下げられたりしてしまうケースもあります。

こうしたメリットやデメリットを理解した上でファクタリングを利用するべきでしょう。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者は何を基準に選べばいいのでしょうか?ここではファクタリング業者の選び方について解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

香川県内に事業所を置くファクタリング業者はほぼありません。ファクタリング業者は東京や大阪、福岡などの大都市圏に本社を構えており、支社などの事業所もある程度規模の大きい都市に集中しています。資産でもある売掛債権を扱う取引ですから、担当者と面談をして信頼関係を作った上で取引をしたいというのが本音でしょう。

ファクタリング業者は、そういった企業側のニーズに応えてくれる業者を選ぶことをおすすめします。出張面談やテレビ電話対応など柔軟な対応をしてくれるファクタリング業者は初めてのファクタリング取引の相手として最適です。

業者選びで重要なのは?

ファクタリングで最も重要なのは「資金化できるか否か」という点です。どんなに人当たりが良くても、資金化できなければ何の意味もありません。申し込む側とすれば、資金化することがゴールですから、その点をはき違えないようにしなくてはなりません。

最近ではネット上で全ての取引を完結させられるファクタリング業者も増えてきました。売掛債権の金額や、売掛先企業の情報などを入力するだけで、資金化の有無が分かるようになる業者もあります。

信頼関係を築くことも重要ですが、資金化できるかどうかという点をぶらさずに業者を検討するべきです。

まとめ

香川県の主要産業におすすめのファクタリングについて解説してきました。小売店の衰退は、県の商業を衰退化させることにも繋がります。休廃業や倒産を検討する前に、まずはファクタリング相談からはじめてみることをおすすめします。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。