石川県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

ファクタリング。中小企業の泣き所である「資金繰り」を解消するため、近年注目を集めている資金調達方法です。今回は、石川県の主要産業にオススメのファクタリングについて詳しく解説していきます。石川県の特性についても解説していきますので、合わせてお読みください。

石川県の特性

石川県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

石川県の主要産業と地域特性

石川県の主要産業は観光業を中心とした第三次産業と、工業系製造業などが中心の第二次産業です。高度経済成長期には第二次産業と第三次産業が同等の比率でしたが、近年では第三次産業が第二次産業の2倍以上の比率に推移しており、交通の便(北陸新幹線や高速道路など)が良くなったことによる産業構造が変化しつつあります。

農業などの第一次産業は、稲作が中心で、戦後間もない頃には米どころとしても繁栄していました。近年では後継者不足や従事者の高齢化によって産業全体が縮小しており、石川県名産の農作物の生産量は徐々に減少しています。

第二次産業は製造業が中心で、重機メーカーであるコマツや、ディスプレイメーカーのEIZOなどの大企業が本社を構えています。

第三次産業は、北陸新幹線の開通後から急激に伸びており、ホテルや旅館などのサービス業が中心となっています。

石川県の減収傾向にある産業

石川県で減収傾向にある産業は、主要産業である観光業・サービス業が挙げられます。帝国データバンクの発表によると、北陸三県の2017年の倒産件数は145件と5年連続で前年を下回ってはいますが、倒産事由として「好況型倒産」、「返済猶予倒産」がそのほとんどを占めています。

また、経営者の高齢化による休廃業は倒産件数の約6倍となっており、第一次産業同様将来的な衰退も指摘されています。

好況型倒産とは「人手不足」による倒産を指します。高齢化や、後継者不足により、「仕事はあるけど人手がいない」という理由で倒産してしまうケースです。

もう一方の倒産原因の一つである「返済猶予倒産」は資金繰りの悪化による倒産です。一定期間の運転資金を確保した上で裁判所と返済猶予交渉を行ない、資金繰りを改善させる金融工学です。ただし、返済猶予期間中は新規の融資を受けることが出来ず、資金繰り次第では「黒字倒産」を起こす可能性が高い金策です。

返済猶予期間中の黒字倒産を防ぐためには、「ファクタリング」が有効です。ファクタリングは、売掛債権を第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで、売掛金を入金期日よりも前に資金化させる金融工学です。ヨーロッパやアメリカでは手形取引よりもメジャーな金策で、日本では最近になって注目が集まっています。

ファクタリングでは融資ではないため、返済猶予期間中の資金繰りに最適な方法です。次の項からは、ファクタリングについて簡単に説明していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、「売掛債権を買い取って入金期日前に資金化する金融サービス」のことです。融資ではないため、将来的な負債が発生しないというメリットがあります。一般的に2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという2つの方法が行なわれています。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、売掛元の企業とファクタリング業者の間で行われるファクタリング取引です。売掛債権を「モノ」として扱い、ファクタリング業者に「買い取ってもらう」ことで資金化する方法です。基本的に法人のみが対象で、個人事業主は利用することが出来ません。個人事業主でも利用できるのは後述する3社間ファクタリングです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元、売掛先、ファクタリング業者の3社間で行われるファクタリング取引です。2社間ファクタリングでは、売掛先からの入金時に、売掛元(ファクタリング申し込み者)から、ファクタリング業者に売掛金を入金していました。3社間ファクタリングは、売掛先から直接ファクタリング業者に売掛金を入金するという、お金の流れの違いがあります。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べ、手数料が安いというメリットがあります。ただし、2社間ファクタリングと違い、売掛先に資金難であるという事実が知られてしまうというデメリットがあります。中小企業にとっては、この「資金難の事実」を知られると、足元を見られて、将来的に仕事の単価自体が下がってしまうということにも繋がります。

どちらも、メリットとデメリットがあり、金額や取引先の企業との信頼関係などを考慮した上で、ファクタリング方法を決めるべきでしょう。

悪質なファクタリング業者もいる

ファクタリング業者の中には、悪質なファクタリング業者も存在します。相場以上の手数料や、手数料以外の諸経費などが高額なケース、2社間ファクタリングのメリットである売掛先への債権譲渡未通知を逆手に取った脅しに近い搾取など、その手口はどんどん悪質化しています。

これらの詐欺業者が横行する理由は、ファクタリングの法的整備が未だに進んでいないことが挙げられます。手数料も法的な拘束力がなく、ファクタリング業者同士で手数料などを決めているのが現状です。その為、悪質なファクタリング業者を取り締まることが出来ず、被害にあった経営者は泣き寝入りするしかありません。

ファクタリングを利用する前に、きちんとファクタリングについて学んでおくことが最も重要だということを覚えておきましょう。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者はどのように選べばいいのでしょうか?ここでは、ファクタリング業者の選ぶポイントについて解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

石川県内に本社を置くファクタリング業者はほとんどありません。ファクタリング業者のほとんどが東京や大阪、福岡などの大都市圏に本社を構えています。お金を扱うサービスのため、出来れば顔を合わせて内容を詰めたいと思うのも当たり前です。

ファクタリング業者は、そういった企業側のニーズに応えてくれる業者がほとんどです。出張面談サービスや、ネット電話サービスなど、フレキシブルに対応できる業者を選ぶことが重要です。

業者選びで重要なのは?

最近ではネット完結型のファクタリング業者も増えてきました。申し込む側とすれば、最終的に売掛債権を資金化させることがゴールです。ファクタリング業者との関係性を築くことも重要ですが、その前にきちんと資金化できるかどうかということが最も重要なポイントです。

ファクタリング業者を選ぶ際のポイントは、「手数料」、「自分の業種に強い(経験がある)」という点です。審査に関しては、申し込んだ企業ではなく、売掛先の企業が審査対象になります。そのため、融資と違って「審査に通りやすい」というポイントはあまり重要ではありません。

まとめ

石川県の地域特性や主要産業、減収傾向にある産業におすすめのファクタリングについて解説してきました。倒産や休廃業を考える前に、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。老舗であっても倒産する時代です。自分の会社は自分で守るしかありませんよ。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。