福岡県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

経済特区に指定された福岡県。福岡市や北九州市などに多くの新規企業が開業しており、日本全国から注目を集めている県です。法定人口が日本の政令都市で5位となっており、経済的にも急成長をしている県でもあります。

そんな好景気に沸く福岡県でも企業の倒産や休廃業は起こっています。主な原因は資金繰りの悪化による黒字倒産が挙げられます。近年注目を集めている資金調達方法「ファクタリング」をご存知ですか?売掛債権を早期資金化する方法で、中小企業の経営者を中心に注目されています。

今回は、福岡県内の中小企業でファクタリングに向いている業種についてまとめていきます。

福岡県の特性

福岡県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

福岡県の主要産業と地域特性

福岡県の主要産業は、卸売・小売業を中心とした第三次産業です。就業者数も全国平均を大きく上回っています。

第二次産業では北九州市の北九州工業地帯が有名です。近代から鉄鋼業や製造業が盛んで、出光興産、戸畑鋳物(日立金属、日産自動車の源流企業)など現在の日本経済を支えている大企業が発祥した地でもあります。

福岡県の最大の特徴は二つの政令指定都市と、九州の玄関口としての役割です。交通の要所として昔から重宝されてきました。

自然も豊富で、3つの海(北部は日本海、東部は瀬戸内海、筑後地方は有明海)に囲まれていることから水産資源も豊富です。農業も盛んで、平野部では水田地帯や畑が多く、農業県としても一面もあります。

全産業がバランスよく配分されているのが、今日の福岡県の発展に繋がっています。

福岡県の減収傾向にある産業

福岡県の資金繰りが厳しい産業は、農業が筆頭に挙げられます。「博多あまおう」などブランド化している農作物も多いですが、後継者不足や輸送費の高騰による資金難が続いており、休廃業をする農家が徐々に増えていることが問題視されています。

農業の資金難にはファクタリングが有効です。ファクタリングは売掛債権を早期資金化する資金調達方法の事です。農業の収入は基本的に収穫期から1,2か月後です。市場出荷でも店頭出荷でも1カ月分の売上が1カ月後、2か月後に入金されるケースがほとんどです。

収穫期ではない時期には、貯金を使って生活と農業資金をやりくりする必要があります。その為、中長期的な予算計画を立てづらく、従事者離れが起こりやすいとも言えます。

ファクタリングで売掛債権を資金化できれば、資金繰りのめども立ちやすく、JAなどの融資に頼る必要もありません。農業の資金繰りで困ったら、まずはファクタリングを検討してみることをおすすめします。

次の項ではファクタリングについて簡単に説明していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権を資金化する資金調達方法の事です。融資と違い将来的な負債にならず、確実な利益確保と、資金調達が可能になります。ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという二種類の取引方法があります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリング取引を申し込んだ売掛元企業と、売掛債権と買い取ってくれるファクタリング業者の2社間で行なわれるファクタリング取引の事です。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元、売掛先、ファクタリング業者の3社間で行われるファクタリング取引です。2社間ファクタリングでは、売掛先から売掛元に売掛金の入金がされてから、売掛元がファクタリング業者へ売掛金を送金していました。

3社間ファクタリングでは、売掛先から直接売掛金をファクタリング業者へ入金します。お金の流れが2社間ファクタリングと異なります。

ファクタリングの特徴

ファクタリングの特徴について解説していきます。2社間と3社間でそれぞれがメリットやデメリットになるケースもあります。

資金調達までのスピードが早い

銀行融資などは、申し込みから審査、融資決定、入金までが1週間~2週間程度かかる場合があります。ファクタリングでは、審査から入金までが即日~3営業日内というスピードで行なわれます。2社間が最も早く、3社間は3社それぞれが交渉のテーブルにつくまでの時間が必要になる為、2社間に比べて時間がかかるという点がそれぞれのメリットとデメリットになります。

審査の違い

どうして最短で即日の取引が可能になるのかという疑問は、この審査の違いがあります。融資の審査は何週間も要しますが、それは融資を申し込んだ企業の経営状況をチェックしたうえで融資が決まるためです。ファクタリングは、あくまでも売掛債権の買取りです。売掛金の存在証明や、売掛先企業の経営状況次第ですぐに資金化が可能になります。

保証人や担保などが不要

高額な融資の場合、返済が出来なくなった場合を想定して保証人や、担保などが必要になります。ファクタリングは、融資ではないため、保証人や担保が必要ありません。

回収義務がない

売掛債権自体をファクタリング業者に譲渡するため、売掛先の未払いや経営破綻を起こしてもその責任を負うことがありません。売掛先企業の財産リスク回避できます。

与信情報への影響がない

ファクタリングは債権を譲渡または売買することになるため、決算書上で赤字になることはありません。その為、ファクタリング取引以降に金融機関からの融資を申し込む際に、きれいな与信情報で申し込むことが可能になります。

手数料の違い

2社間と3社間では手数料の相場が大きく異なります。2社間の場合で10%~30%なのに対し、3社間は5%~15%というかなりの低水準の手数料(売掛債権の金額)になります。この手数料の差もメリットとデメリットになります。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者は年々増加傾向にあります。ここでは何を基準にファクタリング業者を選べばいいのかについて解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

福岡県内には、複数のファクタリング業者がいます。福岡市や北九州市といった政令指定都市に事業所を構えています。お金を扱う取引になるため、出来れば顔を合わせて細部の交渉をしたいというのが経営者の本音でしょう。

最近では遠方にいる企業に合わせて出張面談でファクタリング契約をしてくれる業者も多くなってきました。企業側のニーズに柔軟に対応できる業者は良心的な業者と言えます。しかし良心的というだけでファクタリング業者を決めてもいいのでしょうか?

業者選びで重要なのは?

ファクタリング業者を選ぶ上で最も重要なのは「売掛債権を資金化できるか否か」という事です。どんなに良心的な業者でも、売掛債権を資金化できなければ何の意味もありません。当初の目的である売掛債権の資金化ができる実績のある業者を選ぶ基準にするべきです。

最近では、インターネットで契約関連ができる業者も多くなってきました。地元という事にこだわらずとも、全国規模で自社の持っている売掛債権が資金化できる業者を選びましょう。

まとめ

福岡県の主要産業におすすめのファクタリングについて解説してきました。福岡はファクタリング先進県でもあります。多くの地元企業がファクタリングを利用して資金繰りの健全化を図っています。銀行融資などを断られたら、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。