佐賀県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

有馬焼や唐津焼など陶磁器の産地としても有名な佐賀県。実は日本で最も企業の倒産件数が少ない県でもあります。しかし、資金難による倒産や、後継者不足による休廃業は毎年起こっており、行政などによる経済対策の必要性が説かれています。

最近注目を集めている資金調達方法「ファクタリング」をご存知ですか?売掛債権を資金化できる金融サービスとして多くの企業が利用をしています。今回は、佐賀県の主要産業におすすめの「ファクタリング」について解説していきます。

佐賀県の特性

佐賀県の主要産業、地域特性と減収傾向にある産業について解説していきます。

佐賀県の主要産業と地域特性

佐賀県の主要産業は、製造業などの第二次産業です。平成27年度の資料によると、製造業は県内総生産の24.1%を占めており、県経済の根幹を担っていることが分かります。九州の交通の要所でもある鳥栖市や県庁所在地の佐賀市周辺では重化学工業が盛んです。また窯業も盛んで、有田焼や唐津焼といった全国的にも知名度の高い窯業が多く営業しています。

佐賀平野や有明海など、自然を利用した第一次産業の比率も高く、農業県としての一面ものぞかせます。九州中の家庭で食べられているお米のほとんどに佐賀県米が使われていることからも、その規模の大きさが分かります。

漁業では玄界灘と有明海という性質が全く異なる海での水産業が行なわれています。有明海では代名詞ともいえる「海苔」、玄界灘ではアジやサバが有名で、呼子漁港や仮屋漁港、唐津港での水揚げ量が多くなっています。

サービス業などの第三次産業は従事者数は産業の中で最も多いですが、県民総生産の割合では、第二次産業の方が圧倒的に上回っていることも大きな特徴です。

佐賀県の減収傾向にある産業

佐賀県の減収傾向にある産業は、建設業が挙げられます。2017年度に佐賀県内で休廃業した業種は建設業の79件が最も多く、後継者不足や資金繰りの悪化が原因となっています。倒産件数も業種別では建設業が最も多く、県経済の衰退が懸念されています。

建設業には、ファクタリングが有効です。建設業の特徴として、仕事を受注した際の経費支払いが前払いしなくてはならないという慣習があります。中小企業で資金繰りが慢性的に悪い企業は、仕事を受注しても、経費を融資で賄わなくてはならなくなり、結果的に負債に繋がってしまうケースも少なくありません。

金融緩和によって、融資返済猶予が伸びましたが、結局は融資=負債です。高齢化した経営者にとっては、借金を抱えたまま、後継者に事業を引き渡すよりも、休廃業を選択した方が経済的にも体力的にも楽になるというのが本音です。

ファクタリングは売掛債権を早期資金化する資金調達方法です。売掛債権担保融資と違い、将来的な負債にならないばかりか、確実な利益確保と運転資金の調達が可能になります。

融資返済による困難な資金繰りを改善するためにもファクタリングを検討することをおすすめします。

次の項ではファクタリングについて簡単に説明していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権をモノとして第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金を調達する合法的な金融工学です。手数料などは発生しますが、売掛金の入金サイクルを健全化させることが出来るため、最近ではZOZOTOWNやユニクロ、トヨタ自動車などの大企業でも利用されています。一般的に2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという2つの方法が行なわれています。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、売掛債権を資金化したい売掛元と、ファクタリング業者の2社間で行なわれるファクタリング取引です。ファクタリング業者は、売掛債権を売掛元から買い取りを行い、売掛元へ代金を支払います。売掛元は、売掛先から売掛債権の売上金が入金されたら、その額を全額ファクタリング業者へ送金するという流れです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、売掛元、売掛先、ファクタリング業者の3社間で行われるファクタリング取引です。2社間ファクタリングとの大きな違いは「お金の流れ」です。3社間ファクタリングでは、ファクタリング業者から売掛元への送金という流れは2社間ファクタリングと同じですが、売掛先から売掛元への売上金の入金が、売掛元ではなくファクタリング業者に直接支払うという流れになります。

どちらも、メリットとデメリットがあり、それぞれをきちんと把握した上で利用することをおすすめします。

ファクタリングと売掛債権担保融資の違い

よく間違って認識されているのが、売掛債権担保融資=ファクタリングという認識です。売掛債権担保融資は、あくまでも融資ですので、将来的な負債になります。ファクタリングは、売掛債権の売買行為によって資金を調達する方法のため、融資とは全く異なります。

売掛債権担保融資には「利息」がありますが、ファクタリングには利息がありません。借入れではないため、ファクタリング業者の儲けは、売掛債権の金額に応じて発生する「手数料」になります。手数料は資金化を申し込んだ際の1回しか発生しないため、長い目で見ると利息を毎月支払わなければならない融資よりも、一回限りの手数料で済む分、融資よりもお得に資金を調達することが可能です。

ファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者はどんどん増えています。しかし中には悪質なファクタリング業者も少なくありません。良心的なファクタリング業者を選ぶためにはどんなことに注意すべきなのでしょうか?

地元ファクタリング業者は?

佐賀県内に事業所を置くファクタリング業者はほとんどありません。近場では福岡県内にいくつかのファクタリング業者があります。お金を扱う取引ですから、申し込む側とすればきちんと顔を合わせて細部を詰めたいというのが本音でしょう。

最近のファクタリング業者は、そういった企業側のニーズに応えてくれる業者も多くなってきました。出張面談や、電話相談、テレビ電話での面談など、フレキシブルに対応してくれる業者は良心的な業者として人気があります。

業者選びで重要なのは?

業者選びで重要なのは、資金化できるか否かという点に尽きます。どれだけ柔軟な対応をしてくれる業者であっても、資金化できなければ何の意味もありません。最近ではネット完結型のファクタリング業者も増えてきました。

独自の情報網を使って審査をしてくれ、手数料も出張面談で発生する経費などが掛からない分、安くなっている場合もあります。

業者選びで重要なのは、「良心的で」、「確実に資金化できる」、「実績のある」業者を選ぶことをおすすめします。

まとめ

佐賀県の主要産業におすすめのファクタリングについて解説してきました。後継者不足や担い手不足は経費を圧迫する一番の要因になりがちです。資金サイクルを健全化し、長期的な視野でファクタリングを利用することを検討してみてはいかがでしょうか?

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。