沖縄県でファクタリング 銀行融資・借入NGからの資金調達方法

沖縄県と言えば「海」、「首里城」など多くの観光資源がある県として有名です。主要産業は観光業で、観光客が訪れないことには、県経済が成り立たなくなってしまうと言っても過言ではありません。

しかし、近年ではその観光業収入が徐々に減少気味で、経営不振や経営者の高齢化に伴う倒産や休廃業・解散が少なくありません。長寿県としての一面は、経済界にも少なからず影響を与えていると言ってもいいでしょう。

経営不振の主な原因は、資金繰りの悪化も理由の一つです。資金繰りを改善するための経済工学、金融工学として全国的に注目を集めている「ファクタリング」をご存知でしょうか?今回は、沖縄県主要産業の資金繰りを改善させる「ファクタリング」について詳しくまとめていきます。

沖縄県の経済特性とは?

沖縄県の経済についてもう少し詳しく見ていきましょう。沖縄県の主要産業、地域経済特性と沖縄県の減収傾向にある産業について解説していきます。

沖縄県の主要産業と地域特性

沖縄県の主要産業は、観光業などのサービス業が経済の中で大きなウエイトを占めています。ホテルや旅館などの宿泊業や、飲食業、観光業が県内総生産のおよそ8割を占めます。逆に他県で主要産業になっている第二次産業は沖縄県ではあまり発展していません。

沖縄県の県産品として有名なサトウキビやシークワーサーと言った農業や、沖縄でしか獲れない南国漁業などの第一次産業は、経済界における割合では県内総生産の1.5%しかありません。沖縄独自の文化の形成に大きな影響を与えている第一次産業ですが、他県の第一次産業の割合と同程度という事が分かります。

沖縄県の減収傾向にある産業

沖縄県の減収傾向にある産業は、主要産業である観光業が挙げられます。観光業の中でも特に小売業の衰退が顕著で、老舗と言われている企業の倒産や休廃業・解散が少なくありません。沖縄県の小売業の特徴として、他県の小売業と輸送コストが割高になるという特徴があります。沖縄県内で製造している商品であれば別ですが、本土から商品を取り寄せる場合には、どうしてもコストが割高になってしまいがちです。

大量購入でコストを抑えたくても、沖縄県内でのみ消費しきれる量には限界がある為、大量購入によるコスト低下はあまり効果的ではありません。最近では、商店などでの買い物よりも、インターネット通販が主流になってきており、沖縄県内で営業している小売店などは大きな影響を受けています。特に個人事業主や中小企業クラスの経営者は売上の低下が資金繰りの悪化=倒産や休廃業に直結してしまうため、頭を悩ませています。

沖縄県主要産業の資金繰りを改善させる為のファクタリング活用方法

ファクタリングは売掛債権を早期資金化する合法的な資金調達方法で、小売業の資金繰りにも有効です。小売業のメリットは、製造業などと違い、売上金がダイレクトに手に入ることです。しかし、最近のクレジット決済化は小売業の資金繰りを悪化させる原因にもなっていることをご存知ですか?

売上金の大部分がクレジットカードによる支払いになってしまい、その売掛金の入金時期によって、資金繰りが悪化してしまうというデメリットがあります。また、流行にも左右されるのが小売業のデメリットです。人気の商品を扱っていても、その商品の売れ行き予測は非常に立てづらく、大量に仕入れたとしても、次の月には流行が過ぎ去ってしまい、売れると見込んで仕入れた商品が不良在庫として店頭に残ってしまいます。

このサイクルが小売業の資金繰りを悪化させることに繋がっているのです。ファクタリングでは、こうしたクレジットカード決済と、商品仕入れのサイクルを健全化させることができます。小売業の資金調達方法は、基本的に「ビジネスローン」、「不動産担保融資」、「カードローン」など、どうしても将来的に負債になる方法が一般的です。

ローンなどは金融緩和の影響で借りやすくはなっていますが、小売業の業績は先ほども述べた通り、流行などに大きく左右される為、見通しが付きにくい業種でもあります。そのためなるべくはローンではなく、手持ちの個人資金(流動資産)でやりくりしたいというのが本音でしょう。

ファクタリングは融資などと言ったローン系の金融工学では無いため、個人資金が手元になくても売掛債権を資金化することができます。売掛債権金額の数%を手数料として支払うことになりますが、月返済ローンの利率と違って、一回しか手数料の支払いがありません。

また、ファクタリングを行なうことで、確実な利益確保と運転資金の調達が同時にできます。最近ではユニクロやトヨタ自動車などの大企業もファクタリングを年間予算に組み込んでいることをご存知ですか?日本経済を支えている大企業でさえファクタリングの有用性を活用しているのです。

ファクタリングは、売掛債権額が少なくても対応してくれる業者が数多くいます。中小企業や個人事業主に強い業者も少なくありません。小売業の資金調達で困ったら、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

ファクタリング業者の選び方とは?

ファクタリング業者は大企業から中小企業、個人事業主迄多くの顧客を抱えています。ファクタリング業者の数自体も年々増加しており、どのファクタリング業者を選べばいいか迷ってしまうでしょう。ここでは、自社にピッタリのファクタリング業者を選ぶ方法について解説していきます。

地元ファクタリング業者は?

ファクタリング業者が増えてきたと言っても、沖縄県ではファクタリングを扱っている業者はまだまだ少ないのが現状です。ファクタリング業者には業者毎に得手不得手があります。実際に沖縄県で営業しているファクタリング業者は、医療関係のファクタリングでは手数料が優遇されますが、一般(小売業など)のファクタリングでは、売掛債権の80%~90%での買取に加え、0.8%~1.5%の手数料(申込売掛債権額の)が発生します。

スピードを重視して、対面での面談を希望するのであれば、地元業者でもいいでしょう。しかし、覚えておいて頂きたいのは、全てのファクタリング業者が自社の売掛債権に強い(優遇される)というわけではないという事です。

詐欺業者に要注意

ファクタリング業者を選ぶ上で注意しなくてはならないのが、詐欺業者、悪徳業者です。実を言うとファクタリングを管理する法整備が不十分な金融工学です。海外ではメジャーな方法ですが、日本では、現金主義、手形主義が強く残っており、他国に比べてファクタリングの認知度や法整備が進んでいないのが現状です。

そのスキにつけ込んでいるのが、詐欺業者、悪徳業者です。闇金融業者は、国の利率上限が設定されたことで多くの業者が廃業に追い込まれました。しかし、ファクタリングに関しては法整備が不十分なことや、利用客の状況が切迫していることもあり、悪質な業者が徐々に増えてきているのも事実なのです。

安すぎる手数料や、取引実績を確認するのはもちろん、万が一被害に遭った場合の事を想定して業者を選ぶことも重要です。

ネット業者=地元業者

ファクタリングのゴールは売掛債権を資金化することです。融資と違って審査されるのは申し込んだ自社ではなく、売掛債権先の企業になるため、わざわざ対面して面談などを行なっても審査には何の影響もありません。

最近はインターネットで申込から入金まで完結してくれる業者も増えてきました。面談するための出張経費などを削減しているため、手数料もいくらか割安にしてくれる業者もいます。

自社に合ったファクタリング業者を探す際に重要なポイントは、『資金化が確実にできる』、『手数料が安い』、『自社と同業種の取引実績が豊富』な所です。『担当者の人柄』などはファクタリング契約にはなんの影響もしません。

融資との違いをきちんと把握した上でファクタリング業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

沖縄県主要産業の資金繰りを改善させるファクタリングについて解説してきました。売掛債権の入金サイクルの悪化は、小売業ならずともほぼ全ての業種に当てはまる資金繰り悪化の原因です。今回の記事を参考にファクタリングを活用して、自社の資金サイクル健全化を図りましょう。

当社「えんナビ」は24時間365日対応のファクタリング会社

弊社「えんナビ」は、24時間365日対応のファクタリング会社です。

弊社は今まで数多くの「資金ショートをすぐに解決したい」と考える経営者様たちとお付き合いしてきました

当社の強みは「24時間365日対応」もさることながら、「最短1日で資金調達を実現するシステムを採用している点」です。

弊社サービス「ファクタリング」を分かりやすく解説

ファクタリングとは「御社が保有している売掛債権を弊社で買い取り、すぐに資金調達を実現できるサービス」です。

御社の持ち物を買い取らせていただくため、金融機関からの資金調達のような借金にはなりません。借金にはならないため、貸借対照表や信用情報に影響がなく資金調達をすることができます。「借りない資金調達」とも呼ばれています。

もちろん、売掛債権を買い取ったことは売掛先へ通知することはありません。完全秘密厳守です。

これにより、お客様満足度は90%以上と高い実績を残しております。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 不動産屋保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

その他、資金調達に関する問題に直面している経営者の方は、お気軽にご相談ください。